横須賀版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

横須賀港 新フェリー航路 港運関係者「ふ頭の安全性に不安」 計画中断求め市と協議へ

社会

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena
現状のふ頭入口。国際貿易港として保安措置の対象となっており、フェリー地区とのすみ分けも課題
現状のふ頭入口。国際貿易港として保安措置の対象となっており、フェリー地区とのすみ分けも課題

 横須賀市は、国内の港に定期航路開設に向けた「ポートセールス」を展開している。貨物船や客船を誘致し、港を通じた地域振興や経済の活性化を狙う。

 2018年12月には、横須賀港(新港町)と北九州港に新たなフェリー航路を開設することを発表。運航開始予定は21年春で週6便、1万6千トン級のフェリーで片道20時間30分かけて貨物などを海上輸送する計画だ。

手狭な用地

 これに反対の意を示したのは、港運関係事業者からなる横須賀港運協会。現在、同港は自動車輸出のための運搬船や冷凍マグロの水揚げなど月10隻程度が接岸しており、協会では搬入・搬出車の安全の徹底や周辺への騒音に関して、近隣住民への対応も担ってきた。

 市の説明によると、フェリーには貨物車両が最大170台乗船する計算で、出入りを合わせると340台がふ頭用地で行き来するという。同協会が危惧するのは、用地内と周辺道路の安全確保。「長年、細心の注意を払って運営してきた。ひとたび用地内で事故が起これば、物流がストップしてしまう。ふ頭用地は手狭で、国際貿易港として荷役作業にも影響がある」と話すのは同協会の鈴木稔会長。

 立地にも問題がある。ふ頭入口は救急医療センターに面しており、道路はよこすか海岸通りと接続する緩やかなカーブ。トレーラーが2台3台と続くと見通しも悪く、以前にも付近で事故が起こっているという。「国内を見ても横須賀ほど官公庁や住居と隣接しているフェリーターミナルはない」と話す。「道路事情や騒音、交通量などを市はどれくらい把握・想定しているのか。地元自治会に対しても、決定事項の説明では納得できないと思う」と指摘する。

「共存共有は難しい」

 一昨年末にこの計画が公表されてから、具体的な内容が協会に伝わったのは昨年秋ごろ。「協力できる部分があればと考えていたが、フェリーと共存するのは難しい」として、先月中旬に行われた港運関係の集まりで「計画の中断を求める」という立場を明らかにした。今月上旬には、市に協議の申し入れをする方向で「誰が安全を担保するのか。稼働させてから考える―では手遅れだ」と話している。

 こうした関係団体の動きに対して、市担当課は「丁寧に話をして検討策も説明していきたい」と話すにとどまっている。

横須賀版のローカルニュース最新6

3日間だけの公開

児童生徒造形展

3日間だけの公開 文化

今後はWebで展示紹介

1月15日号

感謝の飾り旗寄贈

横須賀法人会青年部会

感謝の飾り旗寄贈 社会

コロナ禍の医療現場を激励

1月15日号

ピンクとイエロー狂い咲き

くりはま花の国

ピンクとイエロー狂い咲き 文化

1月15日号

食料品寄贈 再度呼びかけ

横須賀市

食料品寄贈 再度呼びかけ 社会

1月15日号

おりょうさんに思い馳せ

おりょうさんに思い馳せ 文化

椿優衣さんが新曲制作

1月15日号

中学生が一日署長

横須賀税務署

中学生が一日署長 教育

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「活弁士」と学ぶ無声映画

「活弁士」と学ぶ無声映画

市民大学の特別講座

1月30日~1月30日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク