神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2020年8月28日 エリアトップへ

「浦賀の映画学校」 PRにロボ投入

教育

公開:2020年8月28日

  • LINE
  • hatena
ロボットは「embot(エムボット)」と呼ばれる教育教材。授業での学びを活かしている
ロボットは「embot(エムボット)」と呼ばれる教育教材。授業での学びを活かしている

 浦賀小学校6年生の児童が挑んでいる映画製作プロジェクト「浦賀の映画学校」で、PR活動に手製のプログラミングロボットが用いられている。

 「造船のまち」として活気のあった昭和時代の浦賀の街並みや庶民の暮らしを映した8mmフィルムを素材に、1本の地域映画を手掛ける試み。当初は学校近隣の民家を訪ね歩いてフィルムの提供を呼び掛ける計画だったが、新型コロナの影響で断念。対面による感染を防ぐためのアイデアとしてロボットの投入を思いついた。

 駅前のカフェや郵便局などの協力を得て、ダンボール製のロボットとパソコンを設置。センサーが来訪者を感知するとロボットがハンマーを振り下ろし、キーボードを叩くとパソコン画面にPR画像が流れる仕組み。授業で学んだプログラミング技術を応用した。

 目標は8月末までに100本のフィルム収集だが、現時点で70本程度ともうひと踏ん張りの状況。児童らは広く協力を呼び掛けている。問い合わせは浦賀行政センター【電話】046・841・4155

横須賀版のローカルニュース最新6

日本文化で通じ合う

日本文化で通じ合う

国際交流協会の主催イベント

3月1日

春から始める身体づくり

くりはま花の国プール

春から始める身体づくり

3月1日

「空き家再生」挑む民泊開設

浦賀

「空き家再生」挑む民泊開設

築80年の家屋、学生参画で

3月1日

潜水艦隊員“アゲル”艦メシ

潜水艦隊員“アゲル”艦メシ

「サブサンド」ドブ板通りに初見参

3月1日

福祉事業で横須賀に恩返し

元市議・鈴木真智子氏

福祉事業で横須賀に恩返し

3月1日

郷土史を語り継ぐ

衣笠小児童が学習成果発表

郷土史を語り継ぐ

3月1日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月1日0:00更新

  • 2月23日0:00更新

  • 2月16日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年3月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook