横須賀版 掲載号:2020年10月2日号 エリアトップへ

タウンレポート 「ふ頭の在り方」説明責任は 横須賀港のフェリー航路開設で

社会

掲載号:2020年10月2日号

  • LINE
  • hatena

 今年8月に長崎で新しいフェリーの命名進水式が行われた。船の名前は横須賀の市の花から取った「はまゆう」。横須賀新港と北九州港を結ぶフェリー航路のための船だ。

 市が、この新たな航路の開設を発表したのは2018年12月。物流ドライバー不足や貨物・旅客の輸送手段を環境負荷の少ない船舶に移行する「モーダルシフト」の動きもあり、市では横須賀港での定期航路の実現を目指してきた。新航路はそれが実った形で、就航開始は来年7月。しかし、ターミナルの設置を予定している新港ふ頭の利用を巡り、港湾事業者との協議が難航している。

 そもそも新港ふ頭はどのように使われているのか。市が管理する公共ふ頭で、埋め立て整備から40年以上経過。国際貿易港として、主に自動車の輸出、マグロの輸入を担っている。これに携わるのが市内の港湾事業者で、16社で横須賀港運協会を組織する。

 新航路開設にあたり、市はフェリー発着のためのふ頭整備を計画。この内容に異議を表したのが港運協会だ。手狭な新港ふ頭で工夫しながら荷役事業を行ってきた。こうした状況の中で、新たにフェリーターミナルと乗降の待機場、荷役共用スペースを設けるという市の計画。同協会が図面を示されたのは昨年9月のことで、作業の安全性が担保されないとして、以降一貫して市に対して反対の意を示してきた。市議会でも「(利用のすみ分けが)綱渡りだが物理的に大丈夫か」という指摘もあった。さらに協会が懸念するのは、夜間の作業による騒音や300台を超えるトラック・自動車の往来など、周囲の生活環境への影響。先月、新港に最も近いマンションの管理組合から、「事業内容を知らされていない」として説明会を求める要望が市に出された。

 こうした動きがある中、市議会での予算可決を受け、新港ふ頭では先月24日から関連工事が始まっている。これを受けて、同協会は「就航に間に合わないと計画を強行されれば、港湾事業は継続不能になる」と不安をのぞかせ、「国際貿易ふ頭に定期便フェリーを共存させるという先例はない。既存の船社や荷主からも敬遠される」と危惧。反対の姿勢は崩しておらず、両者の溝は深まるばかりだ。

 現在、首都圏と九州を結ぶ直通航路がなく、旅客面でもフェリーへの期待も沸く。ただ、その船舶も通常のフェリーとは異なり、トラック約150台・乗用車約30台と貨物輸送がメイン。「夜間の発着でどのような経済効果が生まれるのか」と懐疑的な声もある。市はこれまで「(事業を)丁寧に説明していく」と繰り返してきた。このような事態になった今、事業内容だけでなく今後の港湾計画、「公共ふ頭の在り方」を市民や事業者に示す姿勢が求められている。

横須賀版のローカルニュース最新6

力作3000点 webで公開

【Web限定記事】横須賀美術館

力作3000点 webで公開 教育

市内児童生徒による造形作品展

1月22日号

「獲れ高」楽しむウォールアート

【Web限定記事】

「獲れ高」楽しむウォールアート 社会

SNS投稿キャンペーン4月末まで

1月22日号

「忘れないで、シーサイドマラソン」

【Web限定記事】

「忘れないで、シーサイドマラソン」 スポーツ

公式キャラ「ラン丸」がYouTube配信

1月22日号

蝶野が語る地域防災

蝶野が語る地域防災 社会

2月28日 ウェビナーで

1月22日号

武山で不動明王開帳

「地域資源に目を向けて」

【Web限定記事】

「地域資源に目を向けて」 社会

湘南鷹取出身・江口氏が「SDGs」解説

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最先端を知る学ぶ

eスポーツ×教育・ビジネス

最先端を知る学ぶ

無料オンラインセミナー

2月2日~2月8日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク