神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2023年6月2日 エリアトップへ

還暦超え「まだまだやれる」 野球・サッカーで横須賀勢活躍

スポーツ

公開:2023年6月2日

  • LINE
  • hatena

川崎市長杯3連覇

 60歳以上のメンバーで結成する還暦野球チーム「横須賀シニアクラブ」が5月3日から5日に行われた「第23回川崎市長杯還暦軟式野球大会」で優勝を飾り、3連覇を果たした。

 1都6県から16チームが参加し、トーナメント方式で競われた。横須賀シニアは、初戦の「グランパ宇都宮」に7対0で完勝し、2回戦の「川崎ウエーブ」を12対5と打撃で圧倒。準決勝は「市原クラブコスモス」を4対3の接戦で制し、迎えた決勝は東京都の「朋友クラブ」。相手投手に5回まで0点に封じ込まれたが、6回に打線が爆発して一挙に5点を奪い、守ってはエースの高野浩選手=人物風土記で紹介=が踏ん張り、7対2で勝利した。投打の活躍でチームを勝利に導いた高野選手は大会MVPに選出された。

「60サッカー」初の頂点

 シニアサッカーチーム「横須賀アズール60」は、5月14日に宮崎県で行われた「JFA第23回全日本O-60サッカー大会」で初優勝を飾った。

 関東第2代表として出場した同チームは、開催地である宮崎県代表を1対0で退け、準決勝を突破。続いて行われた静岡県選抜との決勝戦では、序盤から互いに譲らない一進一退の攻防が続いた。試合が動いたのは後半5分。均衡破る先制点を決め、最後まで守り抜いた。チーム監督の中川原裕さんは「守備陣の頑張りと前線へのフレッシュなメンバーの投入で相手にプレッシャーをかけられた」と総括した。

 チームの母体は横須賀シニアサッカークラブ。主に市内在住・在勤者を中心に構成され、約130人が在籍。年代別でチームを編成している。

 同クラブは今年創立40周年。節目の年に達成した悲願に、「コロナ禍で大会中止や予選敗退などあったが、みんなで勝利を称えたい」と喜びを爆発させた。

胴上げされる保坂達也監督
胴上げされる保坂達也監督
トロフィーと賞状を手に初優勝を喜ぶメンバー
トロフィーと賞状を手に初優勝を喜ぶメンバー

横須賀版のローカルニュース最新6

歴史案内人が魅力語る

いきいき市民塾

歴史案内人が魅力語る

サポセンで3月15日

2月24日

神奈川県、LINEアプリで子育て支援

【Web限定記事】

神奈川県、LINEアプリで子育て支援

子どもの成長、ニーズに合わせたタイムリーな情報を提供

2月24日

スマホでスタンプラリー

馬堀・走水の歴史巡る

スマホでスタンプラリー

2月26日まで

2月23日

盛り上げ大使が魅力語る

盛り上げ大使が魅力語る

ポートマーケットで公開収録

2月23日

世界が酔うフルートの旋律

世界が酔うフルートの旋律

上野星矢さんリサイタル

2月23日

珍魚シマハナビラウオ現る

珍魚シマハナビラウオ現る

地元児童が佐島で発見

2月23日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月23日0:00更新

  • 2月16日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook