神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2024年1月26日 エリアトップへ

「不登校の悩み、気軽に話して」 親子集う居場所カフェ

教育

公開:2024年1月26日

  • X
  • LINE
  • hatena
こぢんまりした隠れ家風のカフェ
こぢんまりした隠れ家風のカフェ

 「独りで悩まず、居場所カフェでつながって」--。不登校・ひきこもりの子を持つ市内在住の小林怜奈さんが、「居場所カフェLUANA」を1月15日にオープンした。「当事者やその保護者が安心して気軽に悩み相談や情報交換をできる場にしたい」と小林さんは話している。

 カフェがあるのは、閑静な住宅地が広がる粟田2丁目。一軒家の離れを改装したこぢんまりとした店内で、ランチやスイーツなどを提供しながら、様々な理由で「学校に行かない選択」をした親子の居場所として地域に開いている。

 小林さんも中学1年と小学5年の子どもを持つ母親。ともに小学1年で不登校となり、ひきこもりの生活を送っている。接し方に悩んだり、周囲と比較したり。「学校や行政、家族にさえ話せないこともあった」と語る。「当事者だから理解や共感できることがある。私以外にも似た環境の人はきっといるはず」。家庭でも学校でもない、心を休める居場所を作りたいと構想を温めていた矢先、同地で営業していたカフェが閉店し、新たに借り手を探していることを知り一念発起した。

 「来店を諦める障壁にしたくない」と、メニューの価格を可能な限り下げ、誰でも気兼ねなく利用できるよう門戸を広げた。今後はお話し会やワークショップなども開いていくほか、一般客の来店も歓迎している。

 現在は小林さんが1人で切り盛りしているが、「ひきこもり当事者の就労支援の機会も創出したい」と展望を話す。その時の体調や心の状態に応じて、1日1分から2時間までの緩やかな勤務体系を設け、接客や調理補助を担ってもらうことで外出するきっかけや自信をつけてほしいという。

 住所は粟田2の34の15(松本邸内)、営業は毎週月曜・金曜の午前11時から午後4時(4〜9月は5時)まで。運営ボランティアや活動費の支援も随時募っている。

 問い合わせは小林さん【携帯電話】090・4822・4475/【メール】lena.kobayashi222@gmail.com

横須賀版のローカルニュース最新6

豆力士、土俵で奮闘

わんぱく相撲 横須賀場所

豆力士、土俵で奮闘

4月23日

「ピンクリボン」チャリティー講演会

エコやぎさんたら元気に食べた

エコやぎさんたら元気に食べた

環境にやさしい除草活動

4月23日

長井一帯を会場に

長井一帯を会場に

地域有志のフリマ企画

4月21日

猿島往来に「黒船」

猿島往来に「黒船」

トライアングル 新造船就航

4月20日

武者行列にあわせ新御城印

武者行列にあわせ新御城印

甲冑や旗など意匠に

4月19日

あなたの街の植木屋さん ハロー・ガーデン

土日祝OK!見積り・出張費0円!1本からでも対応します!

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook