三浦版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 「男女共同参画」知って

    三浦市

    「男女共同参画」知って 社会

    認知度の低さ課題に

     三浦市は10月1日から「男女共同参画」の市内認知度を高めようと、初めての普及啓発キャンペーンを行っている。市ホームページ内の特設ページや広報紙でのPRのほか、...(続きを読む)

    10月8日号

  • 散歩しながら地域防犯

    三崎署

    散歩しながら地域防犯 社会

    愛犬家にパトロール隊任命

     愛犬との日常の散歩を地域防犯にいかす「三崎警察署わんわんパトロール隊」の隊員章交付式が10月5日、同署で行われた。宗廣中(むねひろちゅう)署長が5家族8頭を任...(続きを読む)

    10月8日号

  • グランピング施設を提案

    三浦地所

    グランピング施設を提案 社会

    城山地区利活用の事業契約へ

     三浦市は「旧三崎中学校跡地等城山地区事業用地利活用プロジェクト」の契約候補者を三浦地所株式会社(東京都)に選定した。豊かな自然や食などを強みに、滞在型観光やワ...(続きを読む)

    9月24日号

  • “ちょい乗り”で周遊促進

    “ちょい乗り”で周遊促進 社会

    電動キックボードをレンタル

     電動キックボードを新たな移動の足や観光コンテンツとして地域振興に役立てようと、三浦市内でシェアリングサービスが9月11日から始まった。運営は京浜急行電鉄とサン...(続きを読む)

    9月24日号

  • ワクチン接種に補正予算

    三浦市

    ワクチン接種に補正予算 政治

    総額およそ1億円

     三浦市は9月1日、9月補正予算案を発表。一般会計補正額は1億32万5000円で、8日から始まった三浦市議会9月定例会に提出した。おもに盛り込まれたのは新型コロ...(続きを読む)

    9月10日号

  • 授業配信で学習機会確保

    市立小中学校

    授業配信で学習機会確保 教育

    希望者にタブレット貸与

     新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、三浦市は9月2日から市立小中学校の授業をオンライン配信している。感染不安で登校を見合わせる児童・生徒向けで、当...(続きを読む)

    9月10日号

  • 7億9千万円で最多更新

    ふるさと納税

    7億9千万円で最多更新 経済

    コロナ被害支援も一因

     三浦市に寄せられた2020年度のふるさと納税の寄付額が、過去最多の7億9001万2千円(総務省発表)に上った。前年度比1億6117万1千円増で、県内市町村別で...(続きを読む)

    8月27日号

  • 「小児がんとの闘い支えて」

    「小児がんとの闘い支えて」 社会

    両親ら募金協力呼びかけ

     小児がんの一種である「髄芽腫(ずいがしゅ)」で闘病生活を送る、市内在住の下里茜吏(あかり)ちゃん(3)の両親らが、治療費などの支援を求める募金活動を行っている...(続きを読む)

    8月27日号

  • 1週間で感染20人超

    新型コロナウイルス

    1週間で感染20人超 社会

    若い世代に増加傾向

     三浦市内の新型コロナウイルス感染者数が急増している。市の公表値によると、先月18日から24日まで6人だった新規陽性者数は、25日から31日までの1週...(続きを読む)

    8月6日号

  • 知識深めて地域にいかす

    知識深めて地域にいかす 社会

    「ニナイテカレッジ」開講

     三浦市民交流センターは、三浦市・三浦市社会福祉協議会と協働で、市民の新たな学びの場を作る「ニナイテカレッジ」事業をこのほどスタートさせた。おもに市民...(続きを読む)

    8月6日号

  • 通学路の危険をチェック

    通学路の危険をチェック 社会

    合同点検で対策進める

     三浦市教育委員会などは先月30日から、市内全小学校の通学路における合同点検を実施した。3年に1度行われているもので、保護者らの意見をもとにピックアッ...(続きを読む)

    7月23日号

  • 26年の引橋移転めざす

    三浦市役所

    26年の引橋移転めざす 社会

    跡地活用とあわせ推進

     三浦市は検討が続く市役所移転時期について、2026年4月を目途に整備完了する考えを明らかにした。これまで引橋地区への移転は「候補地の1つ」「現市役所の跡地活用...(続きを読む)

    7月23日号

  • 水中ドローンで水槽散歩

    京急油壺マリンパーク

    水中ドローンで水槽散歩 社会

    日本初の体験サービス

     京急油壺マリンパークは今月5日から、パソコンやタブレット端末を使って水中ドローンを遠隔操作し、魚やサメなどの映像が楽しめる日本初のサービスを開始した。全国どこ...(続きを読む)

    7月9日号

  • 23年度の事業着手へ

    西海岸線未整備区間

    23年度の事業着手へ 社会

    知事「早期整備に取り組む」

     京急三崎口駅付近から三崎漁港までを結ぶ都市計画道路・西海岸線。未整備だった北側2・5Kmについて、黒岩祐治知事は「早ければ2023年度から測量などの整備事業に...(続きを読む)

    7月9日号

  • バス混雑をスマホで確認

    京急など4社

    バス混雑をスマホで確認 社会

    密回避の実証実験

     京浜急行電鉄株式会社(以下、京急電鉄)は、京浜急行バス株式会社(京急バス)、日本電気株式会社(NEC)、LocaliSTと連携し、今月22日から三崎口駅〜三崎...(続きを読む)

    6月25日号

  • 7月に3カ所で開設へ

    三浦市海水浴場

    7月に3カ所で開設へ 社会

    利用ルール定めて運営

     三浦市は今月11日、今夏の市内海水浴場について、三浦海岸・荒井浜・和田の3カ所で開設すると発表した。県のガイドラインを参考に運営ルールを独自に定め、感染症対策...(続きを読む)

    6月25日号

  • 個別接種で接種率向上へ

    三浦市ワクチン

    個別接種で接種率向上へ 社会

    65歳以上の枠を確保

     三浦市は今月7日、新型コロナウイルスワクチンの接種加速化を図るため、65歳以上の高齢者を対象とした集団接種の定員拡大と市内医療機関での個別接種の詳細を発表した...(続きを読む)

    6月11日号

  • "性と生"学ぶ私設文庫 社会

    初声町で今月13日開所

     市内初声町に6月13日(日)、私設文庫「潮かおる小さな文庫 のほほん」がオープンする。おもに取り扱う蔵書は、「性と生」の関連書籍。乳幼児期から高齢期...(続きを読む)

    6月11日号

  • 高齢者集団接種が開始

    コロナワクチン

    高齢者集団接種が開始 社会

    円滑実施へ改善重ねる

     三浦市で今月23日、65歳以上の高齢者を対象とした新型コロナワクチン集団接種が始まり、初日の市総合体育館(潮風アリーナ)では約1200人が接種を受け...(続きを読む)

    5月28日号

  • 酒屋のSOSに支援の輪

    酒屋のSOSに支援の輪 経済

    まん延防止影響で「苦境」

     新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置により、消費が低迷する酒類の販売促進と料理のテイクアウトでステイホームを楽しんでもらおうと、上宮田の「ねもと長嶋米酒店...(続きを読む)

    5月28日号

  • 「シナーラ」がアジア初快挙

    クラシックボートアワード

    「シナーラ」がアジア初快挙 文化

    シーボニア母港の木造帆船

     リビエラグループ(東京都)が所有し、小網代のシーボニアマリーナで本格修復を行った大型木造帆船「CYNARA(シナーラ)」が、英国の「Classic Boat...(続きを読む)

    5月14日号

  • 現職吉田氏が出馬表明

    三浦市長選

    現職吉田氏が出馬表明 政治

    「発展に全力尽くす」

     任期満了に伴い6月20日(日)投開票(13日(日)告示)される三浦市長選挙で、現職の吉田英男氏(64)が無所属で出馬すると表明した。同選挙への出馬を明らかにし...(続きを読む)

    5月14日号

  • 5割増電子クーポン発行へ

    5割増電子クーポン発行へ 経済

    経済・子育て支援を拡充

     三浦市は新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、大きな影響を受ける市内経済や低所得のひとり親子育て世帯への支援を盛り込んだ経済対策を発表した。今月...(続きを読む)

    4月30日号

  • 御朱印求め身近な旅

    開運半島詣り

    御朱印求め身近な旅 文化

    「龍神信仰」でつながる3社

     三浦半島に鎮座する3つの神社が連携して「開運半島詣り」と題した地域散策企画をスタートさせた。三崎・海南神社、葉山・森戸大明神、浦賀・西叶神社の3社をめぐり、そ...(続きを読む)

    4月30日号

  • 「身近な下水道に親しみを」

    三浦市

    「身近な下水道に親しみを」 社会

    マンホールカード発行

     三浦市は4月25日(日)から「マンホールカード」の配布を始める。マンホールのユニークなデザインやカード収集を通じた下水道事業の普及啓発と三浦半島の観光振興など...(続きを読む)

    4月16日号

  • 観光振興へ強力タッグ

    観光振興へ強力タッグ 社会

    5者が連携協定締結

     観光による地域活性化を目的とした連携協定を、このほど三浦市など5者が締結した。豊かな自然や食などの地域資源を活かした観光コンテンツの開発・運営の体制構築をめざ...(続きを読む)

    4月16日号

  • 産後ケア事業を拡充

    三浦市

    産後ケア事業を拡充 社会

    宿泊型サービス開始

     三浦市は、このほど「産後ケア事業母子宿泊サービス」を開始した。子育て支援施策の一環で、出産後の母親が心身安定や育児相談などのサポートが受けられる産後ケア事業を...(続きを読む)

    4月2日号

  • 地域デビューの手引書製作

    地域デビューの手引書製作 社会

    高齢者の社会参加を促進

     三浦市地域資源情報プラットフォーム推進協議会は、このほど「地域の魅力集め方ハンドブック」を製作した。三浦の魅力をまとめた冊子で、地域資源情報の受発信を通して定...(続きを読む)

    4月2日号

  • 人気トマト、安全のお墨付き

    三浦初声高校

    人気トマト、安全のお墨付き 教育

    「JGAP」認証を取得

     県立三浦初声高校は今月8日、トマト生産において「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。適切な農場管理基準を満たす農場に与えられる認証で、同校で...(続きを読む)

    3月19日号

  • 鎮守の森、一緒に守って

    海南神社

    鎮守の森、一緒に守って 社会

    ナラ枯れ防除費用募る

     海南神社では、カシノナガキクイムシ(以下「カシナガ」)が媒介する菌が原因で樹木が枯れる「ナラ枯れ」が深刻化し、地元住民に親しまれてきた「鎮守の森」が被害を...(続きを読む)

    3月19日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook