藤沢版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

裕ちゃんの市政総”喝”レポート 高額な残業手当の「その後」

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena

 藤沢市が公表している中期財政フレームによると、2019年度から5年間で584億円まで財源不足が拡大。まさに市民視点に立った行財政改革が必要です。

 しかし、既存事業を廃止し、市民サービスが低下しては意味がありません。まずは職員の人件費や定数を改めることが市民視点の順序順番と考え、指摘してきました。

 その1つが、17時15分以降に支給される高額な残業手当です=表。生活残業が当たり前にならないために、市には働き方改革や、所属長のマネジメントの必要性を訴えてきました。結果、29年度では年間約15億1千万円を超える税金が投入されていましたが、30年度は約14億7千万円に圧縮されました。まだまだ問題は山積です。今後も高額な残業手当から見る行財政改革に取り組みます。

ふじさわ湘南ロータリークラブ

藤沢の子どもたちの成長を応援します

https://fujisawa-shonan-rotary.org/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場を完全 昨年10月より実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版の意見広告・議会報告最新6

誇りある自覚でコロナ禍の克服を

誇りある自覚でコロナ禍の克服を

神奈川県議会議員 松長泰幸

4月24日号

コロナ収束を願い、新たな藤沢へ

コロナ収束を願い、新たな藤沢へ

水戸まさし/前衆議院議員

4月17日号

藤沢の想いを神奈川へ

藤沢の想いを神奈川へ

第1回定例会が閉会

4月3日号

県警 最先端AI技術で安全な街へ

県政報告その4

県警 最先端AI技術で安全な街へ

神奈川県議会議員 国松 誠

4月3日号

全国1位の住居手当 34年ぶり改定へ

裕ちゃんの市政総”喝”レポート

全国1位の住居手当 34年ぶり改定へ

3月27日号

拠点から生まれる地域づくり

市政報告

拠点から生まれる地域づくり

藤沢市議会議員 佐野 洋

3月27日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク