藤沢版 掲載号:2020年3月27日号 エリアトップへ

裕ちゃんの市政総”喝”レポート 全国1位の住居手当 34年ぶり改定へ

掲載号:2020年3月27日号

  • LINE
  • hatena

 藤沢市の新年度予算では編成段階で94億円の財源不足が見込まれました。今後の新型コロナウイルスの影響による市内経済の落ち込みも予測される中で、市内中小事業者をはじめ影響を受けられた方々への支援策を早急に実行するためにも、行財政改革を進めて行かなくてはなりません。

 私がまず優先して取り組むべきと考えるのは、職員の人件費や定数を改めること。市民目線に立てば、既存事業を廃止して、行政サービスを低下させる事が一番ではないはずです。

 そこで以前より指摘している、藤沢市の住居手当についてです。職員に対して支給されているのは年間で約6億円。原資はもちろん税金です。

 これはアパートやマンションなど賃貸住宅への補助だけではありません。持ち家に対しても定年退職まで支給され続けています。住宅ローンを組んでいても支給されている点からみても、自己資産や利子補助のみならず固定資産税への補助と錯覚してしまうのは私だけでしょうか?

 この制度は国では廃止しており、全地方公共団体88・6%が手当をすでに廃止している現状です。新年度からは一人当たり2千円の減額が提案され、全体では約3400万円の財政効果が捻出されました。これは制度施行の昭和61年以来初めてのことです。ただ、持ち家に対しては今後廃止に向けたさらなる検討が必要です。

行財政改革さらなるスケールアップを

 平成8年から第一次行政改革がスタートして以降、第三次行政改革までが進められています。第一次では176人の人員抑制で164億円、第二次で411人の人員抑制で217億円、第3次では127億円の財源効果があげられました。

 一方、現在は新たな指針として「行財政改革2020」が進められていますが、令和2年度までの効果目標は49億円。行政財政改革の規模はこれまでと比較して大幅に下がっており、スケールアップが求められます。
 

ふじさわ湘南ロータリークラブ

藤沢の子どもたちの成長を応援します

https://fujisawa-shonan-rotary.org/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場を完全 昨年10月より実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版の意見広告・議会報告最新6

誇りある自覚でコロナ禍の克服を

誇りある自覚でコロナ禍の克服を

神奈川県議会議員 松長泰幸

4月24日号

コロナ収束を願い、新たな藤沢へ

コロナ収束を願い、新たな藤沢へ

水戸まさし/前衆議院議員

4月17日号

藤沢の想いを神奈川へ

藤沢の想いを神奈川へ

第1回定例会が閉会

4月3日号

県警 最先端AI技術で安全な街へ

県政報告その4

県警 最先端AI技術で安全な街へ

神奈川県議会議員 国松 誠

4月3日号

全国1位の住居手当 34年ぶり改定へ

裕ちゃんの市政総”喝”レポート

全国1位の住居手当 34年ぶり改定へ

3月27日号

拠点から生まれる地域づくり

市政報告

拠点から生まれる地域づくり

藤沢市議会議員 佐野 洋

3月27日号

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク