茅ヶ崎版 掲載号:2016年3月25日号 エリアトップへ

茅ヶ崎の轍(わだち) 第44回(後編) 道編「小和田・菱沼地区の道」 協力/茅ヶ崎市文化資料館

掲載号:2016年3月25日号

  • LINE
  • hatena
「浜道」の1本は常盤町付近を走る
「浜道」の1本は常盤町付近を走る

浜道(はまみち)

 戦前まで、小和田地区には東海道を挟むようにして、元船(もとふね)・仁井網(にいあみ)・西網(にしあみ)・裸網(はだかあみ)・小網(こあみ)・徳網(とくあみ)・新網(しんあみ)の7つの網元があり、小和田の浜で地引き網を盛んに行っていました。それぞれの網元は曳子(ひきこ)(網を掛けたり、引いたりする漁師)を抱え、漁を行うときは、地域ごとにそれぞれ3本の浜道を通り、浜へと向かいました。

 網を掛けることを「一くら」、「二くら」といい、天候や潮の様子で一日に何回も網を掛けました。網元は、捕れた魚をかごに入れててんびん棒で前後に担ぎ売り歩くボテイ(ボテフリ)と呼ばれた商人や、仲買人などに浜で直接売りさばき、漁獲が多いイワシがさばききれないときは浜で干してホシカにし、肥料として農業に利用していました。

 大漁のときはお稲荷様に供える魚を持った曳子が2〜3人の組になり「ヨゴウ」とか「カケヨ」といった掛け声を掛けながら浜道を駆け足で戻って行きました。浜道の近くに住む人たちは、この声を聞いて大漁を知ったそうです。このとき供える魚をカケヨと称するのは「掛魚(かけうお)」が変化したもので、漁で揚がった魚をお稲荷様に奉納するため、魚のエラにわらを通してつるす姿にしたものをいいます。

【参考文献/茅ヶ崎市史】
 

茅ヶ崎版のコラム最新6

おうちでミュージアム

茅ヶ崎市文化資料館

おうちでミュージアム

連載Vol.14

7月16日号

安全なパンを焼くわけは

【4】BREAD N(東海岸北) パンの聖地茅ヶ崎

安全なパンを焼くわけは

7月9日号

おうちでミュージアム

茅ヶ崎市文化資料館

おうちでミュージアム

連載Vol.13

6月18日号

寄り道したい街のパン屋

【3】JiJi(円蔵) パンの聖地茅ヶ崎

寄り道したい街のパン屋

6月11日号

おうちでミュージアム

茅ヶ崎市文化資料館

おうちでミュージアム

連載Vol.12

5月21日号

早めの対策で熱中症予防を

マスク着用により高リスク!

早めの対策で熱中症予防を

5月21日号

えぼしいわ夫とひんやりサマー

ひんやりギャグ大募集&チケットCP

https://www.lusca.co.jp/chigasaki/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter