茅ヶ崎版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

茅ヶ崎市文化資料館 おうちでミュージアム 連載Vo.5

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena
(写真上)浦島・乙姫が描かれた万祝(大正〜昭和初期頃)(写真下)仕事着として使用されたため、袖が筒袖になっている万祝(大正時代)
(写真上)浦島・乙姫が描かれた万祝(大正〜昭和初期頃)(写真下)仕事着として使用されたため、袖が筒袖になっている万祝(大正時代)

大漁の証 万(まい)祝(わい)

 相模湾に面した茅ヶ崎は海から豊富な幸を得てきました。漁労は「板子一枚下は地獄」という言葉が伝えるように危険を伴う生業。一歩間違えると命を落とす可能性のある命がけの仕事でした。また「漁は授かりもの」と言われたように偶然性の高い生業でもありました。それだけに、安全や豊漁を祈願する信仰心は他の生業に比べると大きいものがありました。大漁を得たときの喜びは今では想像もできないほどのものであったことでしょう。厳しい海と魚との闘いに勝ち、大漁を得た祝の品が、「万祝(まいわい)」でした。

 俗にいう千両・万両といわれる予想を超えるような大漁のとき、網元が漁に従事するノッコ・ヒキコと呼ばれる人々と祝宴を催し、そこで引き出物として配られたのが、万祝と呼ばれる着物でした。

 文化資料館では3枚所蔵しており、今回紹介するのは、イワシの巾着網漁での大漁を祝って配られたもの(写真上)と、日露戦争の戦勝祝に作られたとても珍しいもの(写真下)です。
 

茅ヶ崎版のコラム最新6

おうちでミュージアム

茅ヶ崎市文化資料館

おうちでミュージアム

連載Vo.5

10月16日号

おうちでミュージアム

茅ヶ崎市文化資料館

おうちでミュージアム

連載Vo.3

8月28日号

身近な予防策

新型コロナウイルス感染症

身近な予防策

8月21日号

おやさい食べよ!

おやさい食べよ!

第12回 ナス

7月24日号

おうちでミュージアム

茅ヶ崎市文化資料館

おうちでミュージアム

連載Vo.2

7月17日号

おやさい食べよ!

おやさい食べよ!

第11回 とうもろこし

6月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク