茅ヶ崎版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

茅ヶ崎の伊勢海老漁師として、クラウドファンディングに挑戦する 田中 雄太さん 柳島海岸在住 38歳

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena

伊勢海老に「夢」託し

 ○…長らく茅ヶ崎漁港の釣り船の船長を務めてきた。今夏、夢だった「伊勢海老漁」に専念するために漁師に転身。愛船『雄満丸(ゆうまんまる)』で海へ繰り出す日々だ。しかし、コロナ禍で市場価格が下落。「週末は江の島でキッチンカーを出して、しらす丼やサザエの販売もしているけれど、このままでは生活が厳しい」と肩を落とす。そんな中、クラウドファンディングの存在を知り、旅行・アプリ会社の協力を得ながら直販に挑戦している。「全国の人に茅ヶ崎の伊勢海老を届けられたら、うれしい」

 ○…小田原出身。3歳から大学までサッカーに打ち込んだ。プロサッカー選手を目指すも、怪我の連続で断念。そんな折に、友人の紹介で茅ヶ崎の釣り船に出合った。「最初は親が反対したけれど、船に乗ることが自分に合っていた。魚が獲れた時の達成感もいいよね」と日焼け顔で笑う。

 ○…伊勢海老の漁師として独立するには漁業権が必要だが、茅ヶ崎で取得できるのは2艘のみ。これまで組合の一員として積極的に雑務を引き受けていた甲斐もあって、幸運にも残り1艘を任せてもらえるように。「タイミングが良かった」と終始にこやかに語るが、「負けん気が強いよ。そうじゃなきゃ、荒波や先輩の漁師さんにやられちゃう」と笑う。

 ○…声を大にして訴えたいのは「密漁」について。転売目的やレジャー感覚で持ち帰るケースなど、被害が後を絶たない。「漁師の権利や生活を守るためにも絶対にやめて欲しい」。今後は市場や業者を介さずに、漁から販売までを一人でやっていくことが目標。「ふるさと納税や道の駅にも参加して、いろいろ展開できたら。いつか水産会社も作りたいね」。新たな一歩を踏み出し、夢は膨らむばかりだ。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

佐藤 たゑ子さん

交通安全功労者として茅ヶ崎警察署から表彰された(一財)茅ヶ崎地区交通安全協会会長

佐藤 たゑ子さん

茅ヶ崎在住 70歳

12月3日号

矢島 二郎さん

ドイツ大使館主催の日独交流160周年記念イベントにパネリストとして参加

矢島 二郎さん

「ハム工房ジロー」代表取締役 75歳

11月26日号

田中 雄太さん

茅ヶ崎の伊勢海老漁師として、クラウドファンディングに挑戦する

田中 雄太さん

柳島海岸在住 38歳

11月19日号

佐藤 良幸さん

11月20日にペーパークラフト「クイリング」の作品展示を行う

佐藤 良幸さん

十間坂在住 57歳

11月12日号

浜地 沙羅さん

全日本ライフセービング選手権大会で優勝した

浜地 沙羅さん

常盤町在住 16歳

11月5日号

粕谷 武雄さん

初の短歌集『生きる』を出版した

粕谷 武雄さん

菱沼在住 87歳

10月29日号

小清水仏壇店年末セール

お仏壇ご奉仕価格 全商品仏具一式付きで1割~3割引き!

htt9://chigasaki-saijyou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook