神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
茅ヶ崎版 公開:2024年3月8日 エリアトップへ

茅ヶ崎ゆかりの絵本作家として、絵本づくりの指南役を務める 垂石 眞子さん 茅ヶ崎市出身 71歳

公開:2024年3月8日

  • X
  • LINE
  • hatena

好奇心と想像力、ふくらませ

 ○…3回連続の絵本づくりのワークショップを前に、参加者には「日常には面白いことがたくさん。物語のしっぽや首根っこをひょいとつかむために、日頃から好奇心や想像力を持って過ごして」とメッセージを送った。その言葉通り、「この前、バスで面白いことがあって」とうれしそうに語り、相手の話にも目を輝かせて耳を傾ける。

 ○…松浪小・中時代はジャック・ロンドンの昨品と『シートン動物記』を読み、物語の世界に夢中に。「どちらも野生動物の厳しさが容赦なく描かれていて、目を見開かれるようだった」。自作の漫画を持ち寄って同人誌にまとめたことも、くすぐったい思い出だ。「みんな下手だったけれども、とてもエネルギッシュで」。多摩美大卒業後は、サンリオへ。キャラクターデザインを手掛けるも、海外研修で出会った1冊の絵本が転機に。「やっぱり物語の絵を描くべきではないか」

 ○…約50年にわたって子どもや動物、風景など「物語を輝かせる絵」を描いてきた。本物を見ることを重んじ、ヒグマから、舞台となる街、はたまた医師のカバンの中身まで丹念に取材。「さすがにスウェーデンは難しくて、緯度が同じ北海道の根室を訪れたり」と笑う。その後、自ら文章も書くように。「今思えば『絵よりも、文章の方が向いてるよ』という友人の何気ない一言が、不思議と自分にとっての真実になっていた。流れに任せていたら、いつの間にか、物語や絵本の世界にいたという感じかしら」

 ○…7年前、母の介護を機に、茅ヶ崎の海側にアトリエを構え、現在は自宅のあるあきる野市とを行ったり来たり。今年は「若い頃から憧れていた油絵に挑戦するの」とうきうきした様子。歳を重ねてもなお、みずみずしい感性で創作に励む。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

奈良 英俊さん

3月19日付けで茅ケ崎警察署長に就任した

奈良 英俊さん

茅ヶ崎市在勤 57歳

4月19日

柴田 智美さん

「星空のスカート」を制作して環境問題を訴える

柴田 智美さん

浜之郷在住

4月12日

黒木 ちひろさん

茅ヶ崎市民文化会館で5月6日、初のホール公演を行う

黒木 ちひろさん

茅ヶ崎市内在住

4月5日

櫻井 貴基さん

第六天神社のほか、市内6神社の宮司に就任した

櫻井 貴基さん

十間坂在住 55歳

3月29日

松浦 治美さん

(公財)かながわ海岸美化財団の代表理事を務める

松浦 治美さん

藤沢市在住 66歳

3月22日

田嶋 小梅さん

茅ヶ崎公園をモデルに「防災機能と居場所」が融合する空間をデザインした

田嶋 小梅さん

松風台在住 23歳

3月15日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月1日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 11月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の時代絵巻 盛大に

春の時代絵巻 盛大に 文化茅ヶ崎市

奴頭は田中ことみさん

4月20日~4月21日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook