神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
茅ヶ崎版 公開:2024年3月15日 エリアトップへ

茅ヶ崎公園をモデルに「防災機能と居場所」が融合する空間をデザインした 田嶋 小梅さん 松風台在住 23歳

公開:2024年3月15日

  • X
  • LINE
  • hatena

大胆な発想でまちづくりに一石

 ○…大学の卒業制作として「防災機能と居場所の融合」をテーマにした空間設計を完成させた。発想したのは茅ヶ崎公園周辺をモデルに、国道134号を地下に通しその残土も利用して防災機能と市民の憩いの場を両立させる大胆なアイデア。18日から、中海岸のギャラリーで大型模型も展示される。「これまでの公共工事は機能を優先して人を寄せ付けないものになっていた。『人に優しいエンジニアリング』という自分なりの問題意識をかたちにできた」

 ○…茅ヶ崎で生まれ育った。中学生の時、建築士が主人公のドラマを見たことが建築に興味を持つきっかけに。「劇中に登場したパースがすごく美しいと感じた。と同時に建築には誰かの意志が反映され、デザインがさまざまな社会課題を解決できると分かった」。高校卒業後、武蔵野美術大学建築学科に進学。やがて建物だけでなく「風景そのものをつくる」ランドスケープを本格的に学ぶようになった。

 ○…大学ではともに学ぶ同級生たちの発想の豊かさや高いデザイン力を見て「落ち込んでばかりだった」と苦笑する。それでも自分なりの強みに気づいたとも。「一見目立たなくても配慮がある空間をかたちにできる。それが私らしいデザイン」。卒業制作でも、樹木の配置から富士山を見渡す眺望まで、「訪れたくなる場所」を実現するためのこだわりを詰め込み、高い評価を得た。

 ○…4月から社会人になり、住宅会社で働く。すでにインターンとして現場にも帯同しており「学生時代は自由に発想できたが、仕事では法律など多くの制限があることがわかった」という。「まずは1日も早く仕事に慣れたい。経験を積んで、誰かにとっての居心地がよい場所をたくさん作れたら」

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

奈良 英俊さん

3月19日付けで茅ケ崎警察署長に就任した

奈良 英俊さん

茅ヶ崎市在勤 57歳

4月19日

柴田 智美さん

「星空のスカート」を制作して環境問題を訴える

柴田 智美さん

浜之郷在住

4月12日

黒木 ちひろさん

茅ヶ崎市民文化会館で5月6日、初のホール公演を行う

黒木 ちひろさん

茅ヶ崎市内在住

4月5日

櫻井 貴基さん

第六天神社のほか、市内6神社の宮司に就任した

櫻井 貴基さん

十間坂在住 55歳

3月29日

松浦 治美さん

(公財)かながわ海岸美化財団の代表理事を務める

松浦 治美さん

藤沢市在住 66歳

3月22日

田嶋 小梅さん

茅ヶ崎公園をモデルに「防災機能と居場所」が融合する空間をデザインした

田嶋 小梅さん

松風台在住 23歳

3月15日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月1日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 11月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の時代絵巻 盛大に

春の時代絵巻 盛大に 文化茅ヶ崎市

奴頭は田中ことみさん

4月20日~4月21日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook