平塚版 掲載号:2012年10月4日号
  • googleplus
  • LINE

「理科って面白いよ!」 理系大生が清水学園付属幼稚園で実験教室

まるでマジックのような実験に驚く園児たち
まるでマジックのような実験に驚く園児たち

 子どもたちに理科の面白さを知ってもらおうと、理系大学に通う現役大学生らが9月29日(土)、清水学園付属幼稚園(市内根坂間/高橋利夫園長)で「おもしろ実験教室」を開催した。 

 同イベントを企画したのは、都内の大学で応用化学を学んでいる清水怜さん(3年)。「理系の知識を活かし、自分が卒園した幼稚園で何かしたい」と考え、高校時代の理系クラスの同級生に声をかけたという。

 「おもしろ実験教室」と名付けられた今回の催しでは、白衣を身にまとった14人の”お兄さんお姉さん先生”が、4つの不思議な実験を各ブースに分けて披露。驚きとわくわくの授業で園児たちを楽しませた。

 あるブースでは、ドライアイスを使ってシャーベットを作る実験が行われた。グレープジュースの中に砕いたドライアイスを入れ、一瞬でグレープシャーベットへと様変わりする姿に、園児たちは「すごい」と大はしゃぎ。「おいしい」「おかわり」との声も上がった。

 その他にも、段ボール箱で作った空気鉄砲でのろうそく吹き消しゲームや、PHの変化を利用した「色が変わる水」などの実験が披露され、会場は盛り上がりをみせていた。

 この日の為に夏休みから毎週集まり、実験を試行錯誤してきたという学生たち。清水さんは「難しい理論はまだ理解できないけれど、少しでも興味を持ってもらえたら嬉しい。機会があれば、別な形でも開催したい」と話していた。
 

”1日先生”を務めた大学生
”1日先生”を務めた大学生

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク