大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

16世紀のキリシタン画か 澤田美喜記念館の収蔵品

文化

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena
「ご聖体の連祷と黙想の図」の「栄光の玄義」の部分=澤田美喜記念館提供
「ご聖体の連祷と黙想の図」の「栄光の玄義」の部分=澤田美喜記念館提供

 隠れキリシタンの遺物を展示する澤田美喜記念館=大磯町大磯=で収蔵していたキリシタンの信仰画「ご聖体の連祷(れんとう)と黙想の図」が、1600年頃の安土桃山時代に描かれたものと見られることが同館と専門家らによる調査で分かった。横浜市歴史博物館=都筑区=で開催中の企画展で一般公開され、注目を集めている。

 信仰画は「受胎告知」や「聖霊の降臨」など聖母マリアとキリストの生涯を15の場面に分けて描いた絵画。聞き取ったラテン語を仮名で記した祈りの言葉も連ねられている。12枚の和紙をつなげた巻物で、幅22cm・長さ3m20cm。

 巻末の「御出世以来千五百九十二年 はうろ」の記述から「パウロという洗礼名を持っていた信徒が書いたのでしょうか」と同記念館の西田恵子館長は話す。

 今回の調査は、信仰画の修復を計画した同館が資料の価値を確かめるために行われ、キリスト教史や文字の研究者らが加わった。書体に江戸期以前の変体仮名が使われていることや、刀装具の鑑定士によると、描かれた人物の刀の下げ方が戦国時代よりも古い時代の様式であることなどが確認された。放射性炭素による和紙の年代測定で、1556年から1633年制の紙を用いていることも判明したという。

 聖母子を描いた15場面のキリシタン画はほかに、京都大学総合博物館と大阪府の茨木市立文化財資料館にある「マリア十五玄義図」の2点が現存。これらはいずれも江戸初期の作で着色の西洋画であるのに対し、「〜黙想の図」は日本画風の描写が大きな特徴で絵と祈祷文が一緒になっているのは珍しいという。

 西田館長は「1590年頃は信徒が増えた時期。祈祷書の普及が追いつかず、教本的な目的で信仰画が描かれたのかもしれない」と推測する。今後は国公立の博物館へ貸し出し、同館ではレプリカを展示する予定。

 初公開を行っている横浜市歴史博物館の企画展「神奈川の記憶―歴史を見つめる新聞記者の視点」は2019年1月14日(月・祝)まで開催中。

住宅型有料老人ホーム

大磯町大磯に2019年1月オープン「アスカ大磯」ご入居見学随時開催中です

https://www.asuka-care.jp/facility/index/4

<PR>

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

小倉美乃さん全国へ

小倉美乃さん全国へ 社会

高校生英語弁論大会に出場

10月16日号

ほのかな香り楽しんで

大磯町商工会女性部

ほのかな香り楽しんで 経済

摘果ミカンで柔軟剤開発

10月16日号

ホテル跡地1億円購入へ

ホテル跡地1億円購入へ 政治

二宮町「営業阻止・将来に活用」

10月9日号

相互理解の大切さ伝える

二宮高校

相互理解の大切さ伝える 教育

西川悟平氏が出前講座

10月9日号

大磯ロケ映画を劇場公開

大磯ロケ映画を劇場公開 文化

三澤拓哉監督「町並み魅力的」 

10月2日号

今年は各自開催の動き

今年は各自開催の動き 社会

コロナで中止の「うつわの日」

10月2日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

彫刻と陶芸の夫妻展

彫刻と陶芸の夫妻展

なかい里都(さと)まちCAFE

10月24日~10月25日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク