秦野版

「最速の鳥」上空を通過 社会

ハリオアマツバメを観測

掲載号:2011年9月29日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秦野上空を通過するハリオアマツバメ。翼長は約50cm撮影者/八木茂氏
秦野上空を通過するハリオアマツバメ。翼長は約50cm撮影者/八木茂氏

 はだの野鳥の会が渋沢丘陵で9月23日に実施した定点観測で、500m以上の上空を通過する30〜40羽の群れの中に「ハリオアマツバメ」を観測した。この鳥は、全鳥類中最速の時速170Kmの飛行速度(水平速度)を持つとされる。夏に北海道や本州中部以北で繁殖し、冬はオーストラリアなどで過ごす。同じ夏鳥のアマツバメと群れを作って渡りをする。

 同会でこれまでハリオアマツバメが観測されたことは無く「毎年秦野上空を渡っていくのか、たまたま台風15号の後で観察されたのか分からない。春秋の渡り鳥のシーズンに観察を続けていきたい」と話している。
 

関連記事powered by weblio


秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク