秦野版 掲載号:2011年11月5日号
  • googleplus
  • LINE

秦野市議月額報酬 現在満額を支給中 議員定数などと合わせ特別委員会で今後検討

政治

 秦野市議会では、昨年12月議会で議提議案として提出され可決された、議員報酬等の月額支給を5パーセント削減する条例が、議員の任期満了に伴い9月10日に期限を迎え、新たな任期となった現在、満額支給されている。

市民からは「結局選挙向けのパフォーマンス

だったのでは」と言った話も聞かれる。

 昨年12月の市議会定例会で提出され、全会一致で可決されたこの条例改正は、前任期の満了日にあたる9月10日までの減額特例措置として4月1日に施行された。この条例に基づきおよそ5カ月間にわたり、議員報酬は5パーセント減額。期間中に減額された26人の市議の総額は、期末手当の減額分と合わせて400万円以上にのぼる。当時の議案の提案理由には「社会経済情勢および本市の財政事情を勘案して」と記されている。

 その後8月に市議会議員選挙が行われ、9月11日から新たな任期が始まった。現在はそれぞれ満額が支給されており、月額報酬は、議長が54万2000円、副議長が47万3000円、その他の議員が43万3000円となっている。

特別委での論議はこれから

 秦野市議会は今年6月議会で、議会の規範となる「秦野市議会基本条例」を制定した。改選後の9月議会では同条例の基本理念に基づき、最適な議会のあり方などについて検討し、議会改革を進めるための「議会活性化特別委員会」を設置した。同委員会では、「今後議員定数や議員報酬、議会の会期ほかの課題に関して検討を重ね、最短の期間の中で結論を出していく」としている。高橋照雄市議会議長は「議員報酬や定数などをバラバラに検討するのではなく、特別委員会の中で全体的に議論を深めてもらい、ひとつの方向付けができるよう目指したい」と話す。

 一方、市民の中からは「前回のように報酬額は変えずに期間を設けて ”減額”するような手法ではなく、議論した中で、報酬自体をどうするのかしっかりと答えを出して欲しい」という声も上がっている。
 

秦野版のトップニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク