秦野版 掲載号:2012年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

秦野市 「耐震診断」に9割補助 旧基準の木造住宅が対象

社会

 秦野市では4月1日から、木造住宅の「耐震診断」にかかる費用の補助率を、これまでの「診断費用の2分の1」から「10分の9」に改正する。あわせて限度額も5万円から8万5000円に引き上げる。

 市では2006年度から、木造建築物耐震改修工事等補助事業として、「耐震診断」「補強設計」「耐震改修工事」に費用の一部補助を行っている。

 そのうち耐震診断は、耐震化の入口にあたるもので、実費は10万円程度。今回の補助率と限度額の引き上げにより、その費用の大部分がまかなえる計算だ。

 補助の対象は「1981年5月31日以前に建てられた木造住宅を自ら所有し居住している人」。

 これは阪神・淡路大震災で、同年以前の旧基準で建築された木造住宅に、倒壊などの被害が集中したことを踏まえ定めたもの。現在、市内でこれに該当する住宅は、推計で約1万2000戸あるとされる。

 耐震診断への補助の利用は6年間で80件あまり。ここ数年では毎年10件程度にとどまっていた。しかし、東日本大震災の発生以降は、市民から1日数件の相談が寄せられるなど関心が高まっているという。

 市では、東日本大震災で津波以外にも多くの建物で被害があり、今後秦野でも県西部地震や東海地震が予測されていることなどから、耐震化への取組みを強化。事業予算を2011年度の655万円から、次年度は835万円に増額した。

 市建築指導課では「まず自分の家について一定の強度が有るのか補強が必要なのか、認識するることが重要です」とし、「多くの人に補助制度を利用してもらい、必要があれば耐震化を進めてもらいたい」と話している。

 問合せは同課【電話】0463・83・0883まで。
 

秦野版のトップニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク