秦野版 掲載号:2013年5月2日号
  • googleplus
  • LINE

ソープボックスダービー 12日に日本グランプリ 体験イベントも多数

社会

疾走するソープボックス
疾走するソープボックス

 エンジンを使わない車で坂道を駆け下りる重力カーレース「ソープボックスダービー」の第13回日本グランプリが5月12日(日)、中央運動公園前特設コースで開催される。当日はレースのほかにも、秦野警察署等の協力による白バイやパトカーの展示・乗車体験、スタンプラリーなどが企画されている。

 「ソープボックスダービー」とは、米国オハイオ州で80年前に始まった伝統あるレース。当初は、石鹸を入れる大きな木箱(ソープボックス)が車体に使われたことから、その名が付けられた。

 同レースの普及活動に取り組んでいる「NPO法人日本ソープボックスダービー」(関谷正徳理事長)の本部は市内蓑毛にあり、日本グランプリは毎年秦野で開催される。大会名誉会長は古谷義幸市長。

 レースの出場者は、7歳から13歳の少年少女が対象。優勝者には日本代表として、7月にオハイオ州アクロンで全米50州や海外などからも参加者が集う「オールアメリカン・ソープボックスダービー国際大会」の参加権が与えられる。

 日本グランプリ当日は、市中央運動公園前の市道623号線で午前10時から、白バイ隊や秦野少女ラッパ鼓隊によるオープニングパレードで幕を開ける。

 レースは午前10時30分開始。特設のスタート台から2台が併走し、約250メートル先のゴールを時速約30Kmで駆け抜ける。

 公園の駐車場や噴水広場前では、子どもたちも楽しめるイベントが予定されている。

 ソープボックスのミニチュア木製模型「モックカー」の工作教室は午前10時30分から(参加費300円、当日先着100人は参加無料)。完成した車両でタイムアタックにも挑戦できる。

 各コーナーを回ってスタンプを集めると参加賞がもらえる「GOGO!スタンプラリー」、「交通安全教室」「交通安全ビンゴ」等も実施する。

 問い合わせは、事務局・山本さん【電話】090・2135・9345へ。
 

「モックカー」の工作教室も
「モックカー」の工作教室も

秦野版のトップニュース最新6件

防犯ランニングで地域貢献

秦野曽屋高校

防犯ランニングで地域貢献

2月16日号

葉ニンニクで鳥獣害対策

菖蒲諸星さん

葉ニンニクで鳥獣害対策

2月16日号

健全育成支え半世紀

秦野市青少年指導員連絡協議会

健全育成支え半世紀

2月9日号

篠窪バイパス 3月10日開通

県道708号

篠窪バイパス 3月10日開通

2月9日号

「グランフォンド丹沢」初開催

ウェブで事業所紹介

秦野商議所

ウェブで事業所紹介

2月2日号

東光苑

あったか土鍋フェア2月28日まで・春の美酒佳肴3月1日から4月30日

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治後期の商い紹介

明治後期の商い紹介

『秦野名鑑』基に写真や看板など展示

2月6日~3月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク