秦野版 掲載号:2013年12月26日号
  • googleplus
  • LINE

「被災地支援に役立てて」 市少林寺協会が義援金

左から小松理事、古谷市長、飯田会長
左から小松理事、古谷市長、飯田会長

 秦野市少林寺拳法協会の飯田昌一会長と小松文雄理事が12月17日に市役所を訪れ、古谷義幸市長に東日本大震災の義援金2万1514円を手渡した。

 これは、12月8日に市総合体育館で開催された「東日本大震災復興支援第7回秦野市少林寺拳法協会演武会」で、参加者や来場者に善意を募った義援金。

 同協会では、これまでにも同震災の支援を行っており、義援金を届けるのは今回が3回目。飯田会長は「少しでも被災地の役に立てば。有効に使っていただけると嬉しいです」と話した。

 義援金は、日本赤十字社を通じて被災地に送られる。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク