秦野版 掲載号:2014年4月24日号
  • googleplus
  • LINE

246号バイパス 建設促進で議員連盟発足 秦野、厚木、伊勢原が連携

厚木商工会議所で行われた設立総会
厚木商工会議所で行われた設立総会
 厚木秦野道路(国道246号バイパス、以下厚秦道路)の建設を促進させようと、秦野・厚木・伊勢原市の市議会議員66人が4月9日、議員連盟を立ち上げた。この日、厚木商工会議所で行われた設立総会に、秦野市からは17人の市議会議員が出席。3市の議員が連携して、国や神奈川県などへの要望活動や情報交換に努めることなどが決議された。

 厚秦道路は、国道246号の慢性的な交通混雑の緩和のため、1996年に都市計画決定された自動車専用道路。厚木市中依知から伊勢原市を経由し、秦野市八沢までを結ぶ延長29・1Km。秦野市内の建設計画は、伊勢原市善波から秦野中井インターチェンジ付近を通り、中井町との市町境、千村を抜け、菖蒲までを結ぶ道だ。これまでに、厚木市内の3・6Kmと伊勢原市内の4・8Kmが事業化。2014度は伊勢原市善波―秦野市西大竹間の5・2Kmが新たに事業化された。道路の供用開始時期は未定。

 議員連盟は、厚秦道路が建設される3市議会の議員が、道路の早期全線着工を推進するために自治体間の垣根を越えて発足。昨年8月から準備を進めてきた。

 会員は厚木25人、伊勢原18人、秦野23人の総勢66人。さらに、3市に関わる3人の衆議院議員が顧問に、6人の県議会議員が参与に就任した。

 この日の総会では、51人が出席し、役員の選出や会則、予算などを協議し承認。3市の市長や議長、担当部課長等で組織する建設促進協議会とも連携し、国などに要望活動を実施していくことが決議された。

 会長に就任した厚木市議会の小島一郎議員は「東名や新東名、さがみ縦貫道路とも連結し、県央地域の交通ネットワークの強化・円滑化を図る上で重要な道路。積極的に活動していきたい」と挨拶した。

 秦野市議会から出席した村上茂議員は「国道246号は朝晩だけでなく日中の渋滞もあり、市民の中にも不自由と感じている人もいると思う。連盟を設立し、県、国との連携をより深めて、事業化した善波―西大竹間の早期着工を進めるとともに、新東名との合流地点までも視野に入れ取り組んでいきたい」と話した。

秦野版のトップニュース最新6件

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク