秦野版 掲載号:2016年9月29日号 エリアトップへ

秦野市 基準地価 下落続く 工業地は市内唯一の上昇

経済

掲載号:2016年9月29日号

  • LINE
  • hatena
最高価格の秦野駅そばの商業地
最高価格の秦野駅そばの商業地

 神奈川県は9月21日、2016年7月1日時点の基準地価格を発表した。秦野市では、ほぼ全地域で下落傾向が続いている。県全体では住宅地が4年ぶりに下落となった。

 基準地価格とは、土地取引価格の指標となる基準値1平方メートルあたりの価格。県が年に1回調査を行っている。 秦野市内の調査は23地点。内訳は住宅地が18地点、商業地が4点、工業地が1地点。今回調査では工業地1地点のみが上昇し、他22地点は下落した。

 秦野市の全地点平均価格は、前年から2400円下落の10万3400円。平均変動率はマイナス2・4%で、前年から0・7ポイント下落した。

 用途別では、「住宅地」18地点の平均価格は8万8600円だった。平均変動率は、前年から0・6ポイント下落のマイナス2・6%。最高額は、昨年と同じ「今泉字諏訪下478番7」で12万円(変動率マイナス0・8%)だった。市内では軒並み下落しており、「千村字平開戸535番外」の3万1400円は、変動率マイナス4・8%で最も下落幅が大きかった。

 「商業地」4地点の平均価格は18万3300円(同マイナス2・4%)。最高額は前年と同じ秦野駅近くの「本町2丁目2672番30」で、22万6000円(同マイナス2・2%)だった。鶴巻温泉駅にある駅前広場接面の「鶴巻北2丁目1176番1」は、変動率マイナス2・9%(19万8000円)で、これは県内全体の商業地の中でも8番目に大きい下落幅だった。

 「工業地」の「堀山下字荒井ヶ谷戸320番2外」の価格は5万円で、変動率は市内全用途の中で唯一上昇の2・0%だった。

県全体は住宅地が4年ぶり下落

 県全域の調査地点は、住宅地643地点(内継続634地点)、商業地221地点(同218地点)、工業地40地点(同38地点)。

 住宅地の平均変動率はマイナス0・2%(前年0・1%)で、4年ぶりに下落に転じた。県では、地価上昇による割高感からの上昇幅縮小や、都心回帰が進む中で利便性の低い地域の下落幅拡大を要因にあげる。商業地は1・3%(同1・3%)で前年並みの上昇、工業地も2・3%(同1・5%)の上昇となった。

秦野版のトップニュース最新6

「コロナ感染症」に負けるな

疲弊する市内経済

「コロナ感染症」に負けるな 経済

商店会が独自に対策

4月3日号

秦野丹沢まつり中止に

秦野丹沢まつり中止に 文化

3.11以来2度目、コロナ影響

4月3日号

小規模特認校スタート

上小学校

小規模特認校スタート 教育

初年度は6人が制度利用

3月27日号

秦野初の真打が誕生

春風亭一左さん

秦野初の真打が誕生 文化

ふるさと大使にも就任

3月27日号

「曽屋水道記念公園」に

旧曽屋配水場

「曽屋水道記念公園」に 文化

130周年機に呼称変更

3月20日号

薬師如来 県重要文化財に

東光寺

薬師如来 県重要文化財に 文化

貴重な「一日造立仏」と判断

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「備長釉」の陶器展示

「備長釉」の陶器展示

香窯陶芸工房 春の作品展

3月29日~4月19日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク