秦野版 掲載号:2016年12月8日号 エリアトップへ

干支凧 出番もうすぐ 「凧っ平」で作業大詰め

文化

掲載号:2016年12月8日号

  • LINE
  • hatena
来年の干支凧に名入れをする浅見さん
来年の干支凧に名入れをする浅見さん

 和凧の制作・販売をする「招福凧の凧っ平」の工房(秦野市渋沢)で、来年用の干支凧の名入れ作業が急ピッチで進んでいる。

   ※  ※  ※

 凧っ平では、秦野市観光協会推奨品やはだのブランドにも認証されている「招福達磨凧」が有名だが、オリジナルの干支凧も縁起物として全国に多くのファンがいる。

 絵柄の考案から色付け、組み立てまで手掛けるのは代表取締役の浅見宝さん(37)。「物心ついたときには、父親の見よう見まねで凧を作っていた」という職人だ。

 絵柄や書き込む文字は、独自に研究した「干支学」に基づいて決めている。来年の凧には、片足を上げて今にも走り出しそうなニワトリを描いた。

 「ニワトリは頭から動き出します。来年は、頭を使い良く考えてから一生懸命働こう、地道に地面を走り回ろうという意味です」と説明する。

 干支凧は毎年4千〜5千枚作る。すべて手づくりで、ニワトリの表情もあえて少しずつ変えているという。

 全国の百貨店やギャラリーでの実演販売も浅見さんの重要な仕事だ。1週間程度の催しに、年間30回ほど出店する。高校生時代から、近隣の会場には1人で行っていたという浅見さん。いまでは各地に顔なじみの常連客も多いという。「(凧を飾ったから)今年も良い年だったよ、と言っていただけた時は、やはり嬉しいですね」と笑顔で話す。

 干支凧は3000円税抜で、秦野駅前の名産センターほかで購入できる。横浜高島屋7階クリエイティブ工房で、12月13日(火)まで実演販売も行っている(午前10時〜午後6時・最終日2時まで)。

秦野版のトップニュース最新6

新品種イチゴ 秦野も生産

新品種イチゴ 秦野も生産 社会

神奈川ブランド「かなこまち」

1月28日号

高橋氏再選果たす

秦野市長選

高橋氏再選果たす 政治

投票率過去最低の36.24%

1月28日号

総合相談に全社協表彰

秦野市社協

総合相談に全社協表彰 社会

『きゃっち。』と基金運用に評価

1月21日号

パイプオルガンを導入

パイプオルガンを導入 文化

本町の秦野聖ルカ教会

1月21日号

秦野にもゆかりの地

鎌倉殿の13人

秦野にもゆかりの地 文化

県が特設ページで紹介

1月14日号

通年会期制を導入

秦野市議会

通年会期制を導入 政治

1月1日からスタート

1月14日号

はだの地域福祉総合相談センター

「きゃっち。」相談員募集(問)秦野市社協0463-84-7711

https://www.vnhadano.com/

N響楽団員によるコンサート

新進建設モデルハウス「桧の香」で開催

https://shinshin-homes.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook