秦野版 掲載号:2017年11月10日号 エリアトップへ

日暮矢麻人選手 ソフトバンクから育成指名 「支配下選手を目指す」

スポーツ

掲載号:2017年11月10日号

  • LINE
  • hatena
日暮矢麻人選手
日暮矢麻人選手

 秦野市堀西在住の日暮矢麻人(ひぐらしやまと)選手(18歳・立花学園=松田町)が、10月26日に東京都内で行われたプロ野球のドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから育成5巡目の指名を受けた。日暮選手は入団する意向という。

 日暮選手は1年の夏からベンチ入りし、2年秋から外野手や投手としてレギュラーに定着。勝負強さから主軸の4番や5番を打つことが多かった。

 野球を始めたのは小学1年生。少年野球の秦野ペッカーズに所属していた近所の上級生に誘われチームに入った。中学では硬式野球クラブ、中井リトルシニアに所属。西中学校では陸上部に所属していた。

 中3の12月に日本リトルシニア中学硬式野球協会の南関東選抜に選ばれ台湾遠征を経験。立花学園には、今春限りで勇退した菅野敦史前監督(元横浜商業監督)の誘いで入学した。

 180センチ・84キロの左投げ左打ち。高校通算本塁打は12本。この春に監督に就任し、チームを6年ぶりのベスト8に導いた志賀正啓監督(30)は日暮選手について「人並み外れた力強い打撃が魅力。どんな球にも対応でき、本番に強く勝負強さがある」と話す。 プロのスカウトが日暮選手に注目し始めたのは昨年冬ごろ。ソフトバンクのほか5球団が調査し、育成での指名を告げられたためプロ志望届を提出した。

 秦野ペッカーズ時代、コーチを務めていた小林敏夫さん(59)は「下半身がしっかりしていた。6年生の時に打った特大ホームランは今も覚えている」と話した。また、西中学校陸上部顧問で1年生の時担任だった井上信行教諭は「夢は野球選手と話していた。頑張ってほしい」と話した。日暮選手は「支配下選手になれるよう練習して両親に恩返ししたい。福岡へ行くのが楽しみ」と話し、目を輝かせていた。

秦野版のトップニュース最新6

3年ぶりステージ発表

学生団体E4

3年ぶりステージ発表 社会

高校文化部による「インハイ」

6月24日号

女性も働きやすい工場に

西山製作所

女性も働きやすい工場に 経済

地元事業者と新たな試み

6月24日号

殺処分ゼロも保護猫増加

動物愛護センター

殺処分ゼロも保護猫増加 社会

オンライン化等で譲渡促進

6月17日号

デジタル化へ前進

秦野市自治会

デジタル化へ前進 社会

「いちのいち」登録86カ所に

6月17日号

待機児童6年ぶりゼロに

市内保育所

待機児童6年ぶりゼロに 教育

保留児童は61人

6月10日号

新たな見どころ創造

弘法山公園

新たな見どころ創造 社会

ミツマタを40本植樹

6月10日号

子供達が健やかに成長できる未来

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook