秦野版 掲載号:2018年8月31日号 エリアトップへ

かながわ産業Navi大賞 菜の花商事が奨励賞 エマージュバーナーが評価

経済

掲載号:2018年8月31日号

  • LINE
  • hatena
同社の平賀社長
同社の平賀社長

 県経営者福祉振興財団の「かながわ産業Navi大賞」が7月26日に発表され、市内横野の株式会社菜の花商事(平賀英樹代表取締役社長・52)が奨励賞を受賞した。

 この賞は県内中小企業の発展とビジネスチャンス創出の支援を目的に開催された。同社の開発した「エマージュバーナー」が評価の対象となった。

 この製品は炙り料理などに使うバーナー。先端に同社が独自に開発した特殊素材が使用されている。平賀さんは「通常のガスバーナーで炙った際に出るガス臭さなどがなくなり、食材の旨みや香りを引き出すことができる」と特徴を話す。強い火力で食材の外側を炙りながら中はレアに保てるという。

 食通の平賀さんが、より美味しく炙り料理が食べられないかと試行錯誤し、たどり着いた。2年前に発売されると、ミシュラン三ツ星レストランや、地元の飲食店などでも使われ始めた。すでにフランスやアメリカ、タイなど海外の飲食店にも販売した実績を持つ。はだのブランド認証品にも選ばれており、現在国際特許を出願中。

 2007年に同氏が創業した菜の花商事は、金属やプラスチック、ゴムなどの加工を手掛けている。例えば食品加工機械の部品など、顧客の要望に応じた製品を製造し、供給できるのが強み。

 「菜の花商事」はアウトドア好きでバーベキューなどを楽しむ平賀さんが、ヤビツ峠へ向かう途中にある菜の花台に因んで名付けた。「秦野が好きなので。地元から技術力の高さを発信したい」と話す。同製品はシェフなどがメインユーザーだが、将来的には一般の主婦などでも気軽に炙り料理が楽しめるようなコンパクト化した製品の開発も目指す。「これからもオンリーワンのものづくりにこだわる」と話した。

秦野版のトップニュース最新6

犯罪被害者を支援

秦野市

犯罪被害者を支援 社会

市議会で条例を制定へ

12月3日号

シクラメン出荷ピーク

シクラメン出荷ピーク 社会

「今年もおおむね順調」

12月3日号

中学校給食スタート

秦野市

中学校給食スタート 教育

12月1日から全9校へ配食

11月26日号

震生湖で初のテグス拾い

震生湖で初のテグス拾い 社会

「埋没量は想定以上」

11月26日号

自宅療養の支援体制構築

秦野伊勢原医師会

自宅療養の支援体制構築 社会

「神奈川モデル」導入

11月19日号

防犯功労で全国表彰

地域婦人団体連絡協議会

防犯功労で全国表彰 社会

パトロール継続が評価

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月11日~12月11日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook