秦野版 掲載号:2019年1月25日号
  • LINE
  • hatena

秦野市 待機児童数が大幅減 民間施設の開園で改善へ

教育

 神奈川県は1月18日、県内の2018年度保育所等利用待機児童数の状況について発表した。秦野市の状況をみると、18年度4月時点での待機児童数は7人(前年度49人)で42人減。10月時点では41人(前年度94人)で53人減となり、大幅な改善が見られた。

 市保育こども園課によると、18年中に民間の認定こども園・認可保育所の開園が相次いだことが要因に挙げられるという。1月には名古木の認可保育園「ハレノヒ保育園」(定員90)が新規開園。4月には鈴張町の「白百合幼児園」(保育定員51)が認定こども園化したことに加え、認可保育所として新たに堀川に「堀川ほほえみ保育園」(定員60)、鶴巻南に「つくし保育園」(定員30)、今川町に「ベル・フラワー保育園」(定員30)が一斉に開園した。また、小規模保育所として運営していた栄町の「秦野さくらんぼ保育園」(定員65)も新たに認可保育所として開園した。

 市内では今後も、みなみがおか幼稚園が公私連携幼保連携型認定こども園化し「サンキッズ南が丘こどもえん」(保育定員90)として今年4月に開園予定。同課は「今後も待機児童数の状況を確認し、対応を検討していきたい」と話している。

秦野版のトップニュース最新6件

いちごの和紅茶 開発

高梨茶園

いちごの和紅茶 開発

5月1日号

お手まきの木 順調に生育

秦野市

お手まきの木 順調に生育

5月1日号

くずは峡谷に美術館誕生

秦野に新名所

くずは峡谷に美術館誕生

4月26日号

伝統の『峠漬』復活へ

峠屋―1976―

伝統の『峠漬』復活へ

4月26日号

4月26日に県西初出店

MEGAドンキ

4月26日に県西初出店

4月19日号

多世代交流の拠点 開所

鶴巻地区

多世代交流の拠点 開所

4月19日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク