秦野版 掲載号:2019年4月5日号 エリアトップへ

上小学校 特認校化の検討開始 2020年度の導入めざす

教育

掲載号:2019年4月5日号

  • LINE
  • hatena
上小学校の校舎
上小学校の校舎

 秦野市教育委員会は、2020年度からの上小学校「小規模特認校」化をめざし、検討を開始する。特認校制度が導入されることで、学校区が撤廃され、市内全域から通うことができるという。

 上小学校がある上地区では過疎化が進んでおり、入学児童数も年々減少している。市教育委員会学校教育課によると、同校の全児童数は63人(2018年5月1日現在)。各学年も1クラスのみとなっている。

 同校は地域の防災・コミュニティ拠点となっており、小学校の活性化に向け地域住民から「何か対策をしてほしい」という要望が出ていた。そこで市では同校の特長を生かした「小規模特認校」制度の導入について研究を開始。近隣では小田原市や厚木市、大井町などに先進事例があり、こうした事例から同校でも導入が可能であると判断したという。

 上小学校は2016・17年度に秦野市の研究委託を受け、ICT教育モデル校として授業を実施。その後も同校独自でタブレット端末を駆使した授業やプログラミングなど、先進的な授業を行っている。このほか周辺環境を生かした教育やすもう大会、遠泳など、特色のある教育を実施。「上小の緑豊かな自然を生かした特色ある取り組みに、興味を持つ保護者もいるのではないか」と同課では話す。

選択肢を広げるきっかけにも

 同校で特認校制度が導入されると、市内在住者であればどこからでも通えるようになる。同課では「上地区の活性化はもとより、市内の教育を受ける選択肢を広げることも期待できる」という。

 同課では4月から地域住民による同小の特色づけを推進するため、住民や同小PTA、学校関係者、市職員を交え、意見交換を行いながら募集人員などの検討を進める予定だ。2020年4月からの特認校化を目標にしており、今夏に地域住民やPTAへの説明会、入学希望者への説明会などを行い、11月頃からの募集開始をめざす。

秦野版のトップニュース最新6

「コロナ感染症」に負けるな

疲弊する市内経済

「コロナ感染症」に負けるな 経済

商店会が独自に対策

4月3日号

秦野丹沢まつり中止に

秦野丹沢まつり中止に 文化

3.11以来2度目、コロナ影響

4月3日号

小規模特認校スタート

上小学校

小規模特認校スタート 教育

初年度は6人が制度利用

3月27日号

秦野初の真打が誕生

春風亭一左さん

秦野初の真打が誕生 文化

ふるさと大使にも就任

3月27日号

「曽屋水道記念公園」に

旧曽屋配水場

「曽屋水道記念公園」に 文化

130周年機に呼称変更

3月20日号

薬師如来 県重要文化財に

東光寺

薬師如来 県重要文化財に 文化

貴重な「一日造立仏」と判断

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「備長釉」の陶器展示

「備長釉」の陶器展示

香窯陶芸工房 春の作品展

3月29日~4月19日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク