秦野版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

5月1日生まれ小林心陽ちゃん すくすく成長 避難が縁、市内「令和」最初の赤ちゃんに

社会

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena

 5月1日深夜、「令和」最初の赤ちゃんが南矢名の須藤産科婦人科で誕生した。元気な産声を上げた小林心陽(こはる)ちゃんはいま、両親と姉、兄たちに囲まれてすくすくと成長している。市によると、改元当日に生まれた秦野市民の赤ちゃんは心陽ちゃん1人だった。

 父親の小林裕則さん(30)は「平成元年」1月10日生まれ。戸川で育ち、大卒の土木職として秦野市役所に入庁した現役の公務員。母親の亜海さん(27)は福島県の浜通り、いわき市出身で、東日本大震災で被災し、当時、就職した姉がいた秦野市の被災者支援住宅に身を寄せた。

 亜海さんは、市の紹介で臨時職員として下水道局で働き始め、その職場で裕則さんと知り合った。「実家は半壊しましたが家族に犠牲はありませんでした。原発が怖くすぐに避難してきました。あの時があったから今の家族がある。なんでも前向きになるものだな、と思った」と亜海さんは話す。

「明るい子に」

 「夫が平成元年の生まれだから4月に産まれれば、始まりと終わりで平成家族になると思った」という亜海さんは、平成最後の日となった4月30日のよる8時頃に陣痛が始まり、裕則さんと病院へ行った。およそ6時間後の5月1日、午前1時50分に心陽ちゃんを無事に出産した。当日は病院でただ1人の分娩だったという。

 「とにかく明るい子に育ってほしい」との願いを込め、亜海さんが「心陽(こはる)」と名付けた。

右から心陽ちゃん、亜海さん、心海ちゃん、碧(あおい)くん、裕則さん、琉生(るい)くん
右から心陽ちゃん、亜海さん、心海ちゃん、碧(あおい)くん、裕則さん、琉生(るい)くん

秦野版のトップニュース最新6

100周年で「歴史の門」復元へ

西小学校

100周年で「歴史の門」復元へ 教育

昭和・平成・令和を繋ぐ

1月22日号

市民相談にAIを活用

秦野市

市民相談にAIを活用 政治

3月31日まで試験導入

1月22日号

救急出動が年間約700件減

救急出動が年間約700件減 社会

新型コロナの影響か

1月15日号

施設利用の時間等制限

秦野市

施設利用の時間等制限 政治

緊急事態宣言で対応

1月15日号

オンライン配信に変更

新成人のつどい

オンライン配信に変更 文化

新型コロナ拡大を受け

1月8日号

chicca mesh開発

極東窒化研究所

chicca mesh開発 経済

工業技術を一般消費者へ

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自然の中でハンモック体験

自然の中でハンモック体験

1月24日(日)、大倉で

1月24日~1月24日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク