秦野版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

特殊詐欺撲滅協力店を委嘱 秦野署 市内飲食店32店舗に

社会

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena
竹田署長(中央右)から委嘱状を受け取った草山さん(左)、川口さん(中央左)、太谷さん(右)
竹田署長(中央右)から委嘱状を受け取った草山さん(左)、川口さん(中央左)、太谷さん(右)

 秦野警察署(竹田茂署長)は9月30日、秦野飲食店組合と西秦野飲食喫茶組合に加盟する32店舗に対し、特殊詐欺撲滅対策協力店として委嘱状を交付した。

 特殊詐欺の市内発生件数は昨年から減少しているものの、今年は9月30日現在で13件1800万円の被害が発生している。当日の交付式には、秦野飲食店組合の川口浩太組合長と草山高幸副組合長、西秦野飲食喫茶組合の太谷治郎組合長代理の3人が出席。竹田署長は「依然として前兆電話もかかってきている。検挙に力を注いでいるが、手口を市民に知ってもらうことが抑止につながる。その広報の手助けを皆様にお願いできれば」と協力を呼び掛け、委嘱状を手渡した。

 秦野署生活安全課によると、コロナ禍の厳しい経済状況の中で市内の飲食店を支援し、連携して街づくりを行う狙いがあるという。この趣旨に賛同し、両組合が協力店を募ったところ、32店舗が手を挙げ、今回の委嘱式が実現した。

 川口組合長は「お店に来たお客さんに、気を付けましょうと声をかけていきたい」と話したほか、組合の中でも情報を周知し、組合員の安全を守ることも誓った。また、太谷組合長代理も「警察署からの情報を随時、周りに話していきたい。話してもやはり知らない人は多いので、積極的に声掛けをし、一緒に良い街にしていけたら」と話した。

 「全員で協力して取り組み、継続していけば秦野市全体が良くなるはず。気が付いたことがあれば警察にすぐ通報や相談をしてほしい」と竹田署長。協力店には店内に特殊詐欺注意啓発のポスター等の掲示協力を求めるほか、随時、特殊詐欺の発生状況や手口などの情報を発信するという。

生活介護事業所 はみんぐ

県内初!運動療法を取り入れた障害者生活介護

https://www.hatanohp.or.jp/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6

特殊詐欺抑止に向け啓発

特殊詐欺抑止に向け啓発 社会

秦野警察署 下大槻と渋沢で

10月22日号

期日前投票5カ所で

第49回衆議院議員総選挙

期日前投票5カ所で 政治

10月22日号

水墨画の個展初開催

秦野市出身長嶋芙蓉さん

水墨画の個展初開催 文化

ライブパフォーマンスも

10月22日号

学ぼう!減らそう!食品ロス

学ぼう!減らそう!食品ロス 教育

参加募集 11月14日 堀川公民館

10月22日号

震生湖がロケ地に

劇場版「きのう何食べた?」

震生湖がロケ地に 文化

10月22日号

ラケット交わし24人が試合

ラケット交わし24人が試合 スポーツ

車いすテニスニューミックス大会

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 古木勝久(3期目)

    市議会議員9月市議会第3回定例会 一般質問

    古木勝久(3期目)

    環境都市常任委員会委員

    10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook