秦野版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

特殊詐欺撲滅協力店を委嘱 秦野署 市内飲食店32店舗に

社会

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena
竹田署長(中央右)から委嘱状を受け取った草山さん(左)、川口さん(中央左)、太谷さん(右)
竹田署長(中央右)から委嘱状を受け取った草山さん(左)、川口さん(中央左)、太谷さん(右)

 秦野警察署(竹田茂署長)は9月30日、秦野飲食店組合と西秦野飲食喫茶組合に加盟する32店舗に対し、特殊詐欺撲滅対策協力店として委嘱状を交付した。

 特殊詐欺の市内発生件数は昨年から減少しているものの、今年は9月30日現在で13件1800万円の被害が発生している。当日の交付式には、秦野飲食店組合の川口浩太組合長と草山高幸副組合長、西秦野飲食喫茶組合の太谷治郎組合長代理の3人が出席。竹田署長は「依然として前兆電話もかかってきている。検挙に力を注いでいるが、手口を市民に知ってもらうことが抑止につながる。その広報の手助けを皆様にお願いできれば」と協力を呼び掛け、委嘱状を手渡した。

 秦野署生活安全課によると、コロナ禍の厳しい経済状況の中で市内の飲食店を支援し、連携して街づくりを行う狙いがあるという。この趣旨に賛同し、両組合が協力店を募ったところ、32店舗が手を挙げ、今回の委嘱式が実現した。

 川口組合長は「お店に来たお客さんに、気を付けましょうと声をかけていきたい」と話したほか、組合の中でも情報を周知し、組合員の安全を守ることも誓った。また、太谷組合長代理も「警察署からの情報を随時、周りに話していきたい。話してもやはり知らない人は多いので、積極的に声掛けをし、一緒に良い街にしていけたら」と話した。

 「全員で協力して取り組み、継続していけば秦野市全体が良くなるはず。気が付いたことがあれば警察にすぐ通報や相談をしてほしい」と竹田署長。協力店には店内に特殊詐欺注意啓発のポスター等の掲示協力を求めるほか、随時、特殊詐欺の発生状況や手口などの情報を発信するという。

フォルテ秦野内にオープン

企業主導型保育所やまゆりほいくえん

https://yamayuri-kodomoen.com/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6

小さな春の音楽会

小さな春の音楽会 文化

大根公民館で事前予約制

2月26日号

秦野事件簿

秦野事件簿 社会

2月7日〜2月13日

2月26日号

夜間中学のニーズを調査

夜間中学のニーズを調査 教育

県教委がアンケートを実施中

2月26日号

寄付

寄付 社会

2月26日号

卒業式等の実施を決定

市内小・中学校、幼稚園

卒業式等の実施を決定 教育

感染症対策に留意

2月26日号

歌声喫茶再開

ヴィトンバッグの買取強化!

査定・出張無料の買取わかば小田急マルシェ秦野店

https://wakaba-shop.jp/

平塚市で介護・看護スタッフ募集

入居者と深くかかわるユニットケアを実践する職員を募集しています

http://www.shofukai.or.jp/ashitaba.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク