秦野版 掲載号:2020年11月13日号 エリアトップへ

秦野市シルバー人材センター 新たな交流拠点整備 アンテナショップを開所

社会

掲載号:2020年11月13日号

  • LINE
  • hatena
宮嵜理事長(中央)らによるテープカット
宮嵜理事長(中央)らによるテープカット

 公益社団法人秦野市シルバー人材センター(宮嵜陸朗理事長)が11月6日、「別館きずな」(秦野市新町10の71)の開所式と内覧会を行った。本格運用は12月予定で、シルバー人材センターの新たなPR窓口にするとともに、地域の交流拠点としての役割も担う。

 きずなは、保健福祉センター内にある秦野市シルバー人材センターの別館として、事務局と総務部会が中心となり整備した。同センターの事業として作ったものを販売するアンテナショップとしての機能が主となる。

 アンテナショップとなる1階には休憩スペースを設け、地域の人たちが気軽に立ち寄れる交流の場としての役割も担っていく。また、2階は会議室として利用できるよう整備した。

30周年の節目に

 アンテナショップの整備はセンターの情報発信窓口を増やす手段として、以前から検討していた。場所を模索する中、かつての飲食店で長年空き物件になっていた建物を市から紹介され、昨年調査を実施した。

 今年3月に所有者との間で賃貸借契約を結んだが、新型コロナの影響で工事計画が延期に。9月15日から始まった工事が終わり、ようやくお披露目となった。改修工事費は約330万円。

 開所式には関係者が出席し、宮嵜理事長と山田宏義副理事長、市の山本隆浩福祉部長によるテープカットを実施。宮嵜理事長は「センター30周年の年に念願の別館がオープンできた。入会促進などPR効果に期待するとともに、地域貢献できる施設としてみんなで育てていきたい」と話した。

機能拡充も視野に

 開館は平日午前9時から午後4時半を予定。1階では物販のほか、センターの事業周知や意見・要望の収集も行う。また、土・日開館や2階会議室の一般への時間貸し、刃物砥ぎ等サービスの提供、1階アンテナショップでの会員個人の物品取り扱いも検討。実現に向け、調整を行っているところだという。

 「地域とセンターを繋ぐ施設として、気軽に立ち寄って欲しい。その環境づくりとして飲食物の提供もできるようにしていきたい」と、同センターでは展望を語る。また、市と連携した高齢者関連の情報発信・収集も検討していく。

 問い合わせは同センター【電話】0463・84・3311へ。

1階アンテナショップスペース
1階アンテナショップスペース
2階は会議室として利用
2階は会議室として利用

秦野版のトップニュース最新6

救急出動が年間約700件減

救急出動が年間約700件減 社会

新型コロナの影響か

1月15日号

施設利用の時間等制限

秦野市

施設利用の時間等制限 政治

緊急事態宣言で対応

1月15日号

オンライン配信に変更

新成人のつどい

オンライン配信に変更 文化

新型コロナ拡大を受け

1月8日号

chicca mesh開発

極東窒化研究所

chicca mesh開発 経済

工業技術を一般消費者へ

1月8日号

牛と共に生きる

初夢インタビュー

牛と共に生きる 社会

牧場経営を目指す小川翔吾さん

1月1日号

命と暮らしを最優先に

命と暮らしを最優先に 社会

新春インタビュー 高橋昌和市長に聞く

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

草や木の実で遊ぼう

草や木の実で遊ぼう

くずはの家で観察会

1月23日~1月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク