神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
秦野版 公開:2020年12月4日 エリアトップへ

ハートフルちゃんで身近に 社協SNSにかわいい人形が登場

社会

公開:2020年12月4日

  • X
  • LINE
  • hatena
ハートフルちゃん人形とトートバッグ
ハートフルちゃん人形とトートバッグ

 秦野市社会福祉協議会のSNSに投稿されている写真に、今秋からかわいい女の子の人形が登場している。市民の活動を見守ったり、寄付された物を紹介したり…そんな姿が「かわいい」と評判になっているのが、社協のマスコット『ハートフルちゃん』だ。地域福祉推進班の清水梨華子さんは「社協をもっと身近に感じてもらおうと始めました」と話す。

 ハートフルちゃんは、もともと社協が実施している「ふれ愛サービス」のマスコットとして2008年に誕生。中村千代乃さん(市内在住)の公募作品が採用され、その後、社協のマスコットとして使われるようになった。

 今年の7月頃、コロナ禍で催し等ができない中、社協の知名度を上げようと、SNS担当の清水さんが写真映えする工夫として、それまでイラストのみで使用していたハートフルちゃんの人形を作ることに。地元でぬいぐるみ作成等を行う(株)にしきや(寿町)に依頼し、試作を重ねて9月に人形が完成。座れるように工夫されているほか、ハートフルちゃんと一緒に描かれていたハートは、抱えたり、リュックとして背負うこともできるという。

 「ハートフルちゃんの写真を投稿するようになって『いいね』が増えました。かわいいと言ってもらえて嬉しい」と清水さん。裁縫の得意な職員が作ったマフラーや服を着て”おめかし”することもある。「ハートフルちゃんから社協に興味を持ってもらえれば」と清水さん。トートバッグなども作成し、知名度アップに努めているという。写真はツイッター(@shakyohadano)、インスタ(shakyo.hadano)、フェイスブック(@shakyohadano)で見ることができる。

SNSに投稿された記事
SNSに投稿された記事

秦野版のローカルニュース最新6

「恋する浮世絵」で魅了

「恋する浮世絵」で魅了

秦野市立図書館で

5月17日

初めての油絵教室

初めての油絵教室

堀川公民館で全4回

5月17日

市合唱連盟が合唱祭

第40回記念

市合唱連盟が合唱祭

5月17日

シニア塗り絵作品展

シニア塗り絵作品展

南矢名「みかんの木」で

5月17日

出品作品を募集

出品作品を募集

秦野美術協会展

5月17日

2人のピアニストによる名曲コンサート

2人のピアニストによる名曲コンサート

5月23日 午前11時30分開演

5月17日

お得なプランや商品いっぱい!みどりや祭

特別価格の水回り2点セットや大好評コミコミ塗装プラン、ペットのためのリフォーム相談など

https://k-midoriya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 10月27日0:00更新

  • 10月20日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook