秦野版 掲載号:2020年12月4日号 エリアトップへ

ハートフルちゃんで身近に 社協SNSにかわいい人形が登場

社会

掲載号:2020年12月4日号

  • LINE
  • hatena
ハートフルちゃん人形とトートバッグ
ハートフルちゃん人形とトートバッグ

 秦野市社会福祉協議会のSNSに投稿されている写真に、今秋からかわいい女の子の人形が登場している。市民の活動を見守ったり、寄付された物を紹介したり…そんな姿が「かわいい」と評判になっているのが、社協のマスコット『ハートフルちゃん』だ。地域福祉推進班の清水梨華子さんは「社協をもっと身近に感じてもらおうと始めました」と話す。

 ハートフルちゃんは、もともと社協が実施している「ふれ愛サービス」のマスコットとして2008年に誕生。中村千代乃さん(市内在住)の公募作品が採用され、その後、社協のマスコットとして使われるようになった。

 今年の7月頃、コロナ禍で催し等ができない中、社協の知名度を上げようと、SNS担当の清水さんが写真映えする工夫として、それまでイラストのみで使用していたハートフルちゃんの人形を作ることに。地元でぬいぐるみ作成等を行う(株)にしきや(寿町)に依頼し、試作を重ねて9月に人形が完成。座れるように工夫されているほか、ハートフルちゃんと一緒に描かれていたハートは、抱えたり、リュックとして背負うこともできるという。

 「ハートフルちゃんの写真を投稿するようになって『いいね』が増えました。かわいいと言ってもらえて嬉しい」と清水さん。裁縫の得意な職員が作ったマフラーや服を着て”おめかし”することもある。「ハートフルちゃんから社協に興味を持ってもらえれば」と清水さん。トートバッグなども作成し、知名度アップに努めているという。写真はツイッター(@shakyohadano)、インスタ(shakyo.hadano)、フェイスブック(@shakyohadano)で見ることができる。

SNSに投稿された記事
SNSに投稿された記事

秦野版のローカルニュース最新6

シーズン迎え山の交番開所

シーズン迎え山の交番開所 社会

12月上旬まで遭難者対応の拠点

4月9日号

2人1団体が防犯功労

2人1団体が防犯功労 社会

秦野警察署で伝達式

4月9日号

ランドセルカバーを寄贈

ランドセルカバーを寄贈 社会

交安協 新入学児の安全願い

4月9日号

障害者施設の作品即売会

障害者施設の作品即売会 社会

4月11日 イオンSC

4月9日号

接種券発送はじまる

新型コロナワクチン

接種券発送はじまる 社会

4月9日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の星空教室

春の星空教室

4月17日 南が丘公民館

4月17日~4月17日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク