秦野版 掲載号:2021年1月22日号 エリアトップへ

秦野市 市民相談にAIを活用 3月31日まで試験導入

政治

掲載号:2021年1月22日号

  • LINE
  • hatena
AIが導入された画面上に相談者が話したことがテキスト化される(写真中画面はダミー内容)
AIが導入された画面上に相談者が話したことがテキスト化される(写真中画面はダミー内容)

 秦野市は複合的な市民からの相談内容に対応するため、地域共生支援センターでAI相談支援サービスの試験導入を開始した。実施期間は3月31日までで、AIの試験導入は横須賀市に続き県内2例目。

 昨今、中高年のひきこもりなど80代の親が50代の子どもの生活を支える「8050問題」や、子育てと介護が同時に発生する「ダブルケア」などの複合的な生活課題が社会問題となっている。秦野市ではこうした市民からの複合的な相談内容に対応するため、今年度、市地域共生推進課内に「地域共生支援センター」を設置。来年度からの本格稼働に向けて、担当課長1人を据え、分野を超えた相談支援に取り組んでいる。

高齢者支援センターなどの職員を支援

 同センターの主な役割は、地域高齢者支援センター等の職員らが受けた複合的な相談についての支援で、設置後からの取扱件数(20年6月1日〜21年1月15日)はのべ210件となっている。

 しかし問題が多様化する中で支援策が事例によって異なること、職員の異動などもあることから、ノウハウの継承が課題となっていた。そこで専門性を持つケースワーカーやベテラン職員が持つノウハウの蓄積と共有を図り、業務の効率化を図るため、AIを活用したシステムの導入を検討することにしたという。

 試験期間は1月12日から3月31日まで。(株)アイネス・(株)三菱総合研究所が提供する「AI相談パートナー」を利用する。このシステムは、相談者がマイクに向かって話すことで即座に会話を音声認識し、画面上に自動テキスト化し、データを記録する仕組み。同時に「介護保険」「生活保護」「給付金」など会話で出てきたキーワードを抽出して、制度の説明や参考情報がパソコン上に表示されるため、相談員はその情報をもとに相談者に説明ができる。

データの蓄積でノウハウを共有

 現時点では基本データのみだが、今後は秦野市独自の支援策などもAIに入力する予定。相談件数が増えるほど市の特性に沿った情報が蓄積され、精度が向上していくという。同課では「将来的には多岐にわたる相談内容を1つの窓口で案内できるようになる」と期待を寄せる。市は試験後に成果検証を行い、導入の検討を行う。

フォルテ秦野内にオープン

企業主導型保育所やまゆりほいくえん

https://yamayuri-kodomoen.com/

<PR>

秦野版のトップニュース最新6

「シンたばこ音頭」配信

ココハダLAB

「シンたばこ音頭」配信 文化

秦野の伝統つなぐ試み

2月26日号

「命と暮らし」最優先に

「命と暮らし」最優先に 社会

秦野市2021年度事業案

2月26日号

WHOの報告事例に

とちくぼ買い物クラブ

WHOの報告事例に 社会

高齢者の買い物支援

2月19日号

育てた植物 無償で提供

育てた植物 無償で提供 文化

本町公民館で活動続ける熊王さん

2月19日号

ルアー刺さった野鳥相次ぐ

ルアー刺さった野鳥相次ぐ 社会

震生湖で問われるマナー

2月12日号

全国で史上初の快挙

東海大学サッカー部

全国で史上初の快挙 スポーツ

秦野出身 水越選手も活躍

2月12日号

ヴィトンバッグの買取強化!

査定・出張無料の買取わかば小田急マルシェ秦野店

https://wakaba-shop.jp/

平塚市で介護・看護スタッフ募集

入居者と深くかかわるユニットケアを実践する職員を募集しています

http://www.shofukai.or.jp/ashitaba.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク