秦野版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

給食センター 愛称「はだのっ子キッチン」に 市内中学生から募集

社会

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena
給食センターの完成イメージ(市提供)
給食センターの完成イメージ(市提供)

 秦野市は7月15日の記者会見で中学校給食センターの愛称が「はだのっ子キッチン」に決定したと発表した。市では2021年12月の中学校完全給食実施に向け、準備を進めている。

 愛称は、新たに開始する中学校完全給食が生徒はもとより、保護者をはじめとする多くの市民に親しまれ、食育の推進等に広く活用される施設となるよう、市内全9中学校の生徒から募集。総数530点の中から教育委員会が選考し、2人の生徒の案から決定した。

 愛称については、「親しみやすく、覚えやすいもの」「秦野市の特徴を表現し、学校給食をイメージできるもの」「自作の未発表作品で、他の商標を模倣していないもの」「特定の企業又は団体の名称を含まないもの」を募集。これらの要件をもとに、「秦野市立中学校給食基本方針」に掲げた「安全・安心でおいしい、生徒が喜ぶ学校給食」を実現し、「保護者、学校及び行政が連携して共に『はだのっ子』を育てる」という思いを込めたものを選んだという。

 今後はこの愛称を「学校給食センター」施設や配送用のトラック等に掲示するほか、学校給食の事業全般にわたり愛称を活用することで、生徒、保護者、市民や関係団体等と連携しながら、中学校給食の充実・発展に努めていくとしている。

完成は9月

 秦野市では、食育と子育て支援の観点から中学校完全給食開始に向け、2018年2月に「秦野市中学校完全給食実施庁内委員会」と「秦野市中学校完全給食推進会議」を立ち上げ本格的に始動。提供方式について市内外の小中学校での試食や調査等を行い、安全・安心でおいしく、高い水準の衛生管理やアレルギー対応が可能で、財政面でも効率的な投資効果が期待できるとし、同年10月には同会議が「センター方式」が望ましいと市に答申した。

 翌19年3月には建設用地として旧水道局庁舎跡地(曽屋830の1)を有力候補地に。同地は「すべての中学校で調理から2時間以内の喫食が可能なこと」や「1日当たり4500食を作ることから敷地は3〜5千平方メートルあること」などの要件を満たしている。その後ハーベストネクストグループ(代表企業ハーベストネクスト(株))が運営事業者となり、20年12月より建設がスタートした。

 センターの完成は今年9月を予定。開業準備をして、12月から提供を開始するとしている。

みんなでつくる秦野スタイル

 中学校給食では秦野の特色を生かした中学校完全給食=「秦野スタイル」を目指している。旬のものを取り入れたり、アレルギー食にも対応。地場産の食材も積極的に取り入れるなど、食育推進に取り組んでいくという。
 

秦野版のトップニュース最新6

東京‒大倉間で登山バス運行

東京‒大倉間で登山バス運行 経済

新東名活用路線の需要検証

9月17日号

"生涯現役"を支援

秦野市

"生涯現役"を支援 社会

フルライフはだの本格始動

9月17日号

日本七大珍種蜘蛛を発見

日本七大珍種蜘蛛を発見 社会

くずはの家 高橋所長

9月10日号

クーポン事業再び

秦野市

クーポン事業再び 政治

補正予算2億5千万円計上

9月10日号

市内商店 祭盛り上げ

秦野たばこ祭

市内商店 祭盛り上げ 社会

インスタで写真募集も

9月3日号

代々伝わる湧水 電力に

平沢在住和田大さん

代々伝わる湧水 電力に 社会

自宅裏に手製の水力発電

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

富士の巨樹と森の四季

富士の巨樹と森の四季

吉田嗣郎さん写真展

9月23日~9月26日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook