神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
秦野版 公開:2021年11月19日 エリアトップへ

外国籍の子どもらに支援 秦野名水ロータリークラブ

コミュニティ社会

公開:2021年11月19日

  • X
  • LINE
  • hatena

 秦野名水ロータリークラブ(鈴木和夫会長)が10月21日、秦野市へ音声翻訳機や教材などを寄贈した。

 同クラブの例会で行われた寄贈式で市教育研究所の丸野研二所長に鈴木会長から目録が贈られた。同クラブはこれまで市内の小中学校や幼稚園に通う外国籍の子どもたちへの学習支援や日常支援の一環として、音声翻訳機の寄贈を続けている。丸野所長からは「有効に活用させていただき、子どもたちの支援につなげていきます」と感謝の言葉が述べられた。

 贈呈式後は同研究所の石井陽子指導主事が、プロジェクターを使い「秦野市における外国につながりのある児童生徒への支援について」の講演を行った。秦野市内の外国籍の児童生徒は229人(5月1日現在)。市内には小学校8校と中学校4校に国際教室が設置されている。英語、韓国語、ラオス語、クメール語(カンボジア)、中国語、スペイン語、ポルトガル語、ベトナム語、タガログ語、ベンガル語などを話せる日本語指導者12人による協力や、上智大学短期大学部の学生による支援があるが言葉の壁を乗り越えるのが大きな課題。音声翻訳機はコミュニケーションに役立っているという。

 同クラブではこれからも継続して支援を続けていきたいと話している。写真は、秦野市からの感謝状を手渡す丸野所長(右)と受け取る鈴木会長(左)。

秦野市社会福祉協議会はだのボランティアセンター

秦野でボランティアしませんか!問い合わせはTEL0463・84・7711へ

https://www.vnhadano.com/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6

写楽クラブが写真展

【Web限定記事】

写楽クラブが写真展

3月5日から、秦野市立宮永岳彦記念美術館・市民ギャラリー

3月1日

戦時中の秦野市を学ぶ

【Web限定記事】

戦時中の秦野市を学ぶ

はだの歴史博物館で4月14日まで

3月1日

防災・災害情報を一元化

防災・災害情報を一元化

市総合防災情報システム

3月1日

秦野の桜を空から満喫

秦野の桜を空から満喫

3月23日、ヘリで遊覧飛行

3月1日

市長動向

市長動向

2月20日〜25日

3月1日

3月2日はサタフェス

3月2日はサタフェス

雨天でも開催

3月1日

あっとほーむデスク

  • 10月27日0:00更新

  • 10月20日0:00更新

  • 10月6日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年3月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook