秦野版 掲載号:2022年1月21日号 エリアトップへ

パイプオルガンを導入 本町の秦野聖ルカ教会

文化

掲載号:2022年1月21日号

  • LINE
  • hatena
オルガニストの飯高さんが奏でる音色が教会に響いた
オルガニストの飯高さんが奏でる音色が教会に響いた

 秦野聖ルカ教会(秦野市本町1の7の17・姜暁俊司祭)は新たに本格的なパイプオルガンを導入した。独特の音色で教会を象徴する楽器だが、近隣でパイプオルガンを導入している教会は珍しいという。

 元々は電子オルガンを使っていたが、30年以上の使用により、老朽化していた。更新を検討していた中で、同教会のオルガニストから「パイプオルガンなら100年以上使える」などとアドバイスを受け検討した結果、導入を決めた。

 同教会が製作を依頼したのはイタリアのゼーニ社。3年前から計画が進められ、同社の職人が教会に足を運びサイズなどを計測したという。同社が製作することになったオルガンは第1鍵盤56鍵、第2鍵盤56鍵、足鍵盤30鍵、パイプの本数は366本にも及ぶ本格的な仕様となった。

 教会の大きさに合わせサイズを測り製作が進められ、完成したパーツは昨年10月29日にイタリアのジェノバ港から船便で発送された。12月10日には日本に到着したものの、新型コロナウイルス感染症の影響でイタリアから組み立てる職人が来日ができないというアクシデントが発生。

 そこでゼーニ社に代わり、日本でパイプオルガンを手掛けた経験が豊富な岐阜県白川町の藤吉オルガン株式会社が組み立てを行うことになり、1月中旬、ついに完成した。試し弾きをした同教会のオルガニスト飯高康子さんは「音色が優しく、みなさん歌いやすいのではないか」と印象を話す。同教会では「教会はもちろんですが、秦野の豊かな文化生活のために役立つことができれば」と話す。

秦野版のトップニュース最新6

みんなのベンチ設置

大根地区

みんなのベンチ設置 社会

坂道途中の休憩所に

5月20日号

ホタル復活へ本格始動

くずはの家

ホタル復活へ本格始動 社会

「とんぼのせせらぎ」復旧

5月20日号

1枚の絵に“秦野”込め

秦野総合高近颯夏さん

1枚の絵に“秦野”込め 教育

NEXCOのエコバッグに

5月13日号

“エンディング応援”を開始

“エンディング応援”を開始 社会

秦野市社協が新事業

5月13日号

版画作品で優秀な成績

鶴巻の山田姉妹

版画作品で優秀な成績 社会

鉄印コンと年賀コン

5月6日号

「母の日」控え出荷最盛

「母の日」控え出荷最盛 社会

市内のカーネーション農園

5月6日号

秦野市北矢名 猫を探しています

キジトラ白 短いしっぽが特徴 連絡先 原田090-6167-7977

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第4回・27歳まで僕は「逃げ続けた」

    5月20日号

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第3回・もがくほど深みに

    5月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook