神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
秦野版 公開:2022年5月27日 エリアトップへ

リュウキュウサンショウクイ ”常識覆す”古巣利用 今年も繁殖確認

社会

公開:2022年5月27日

  • X
  • LINE
  • hatena
抱卵中の様子(今年4月撮影=八木さん提供)
抱卵中の様子(今年4月撮影=八木さん提供)

 南西諸島や沖縄などで繁殖・生息する「リュウキュウサンショウクイ」が、スズメ目の鳥では珍しく古巣を利用した繁殖をしている姿が4月11日に確認された。

 観察者は、はだの野鳥の会の八木茂会長。2020年に同種の鳥が市内で初めて営巣した大倉地区の約15mの杉の木のてっぺん付近の枝に、巣を発見した。

 会長によると、リュウキュウサンショウクイのような樹木の枝上などに巣を作るスズメ目の小型の鳥は、一般的に巣の再利用はしないとされているという。しかし、一昨年の抱卵時の写真と今年撮影した写真を比べてみたところ、木の枝の様子から全く同じ場所であることが分かった。

 リュウキュウサンショウクイが、古巣の上に見分けのつかないほどの全く同じ巣を作り繁殖していたことに驚く八木会長。「古巣を利用した理由は分かりませんが、木の上などに巣を作る鳥としては初めての観察例では」と話した。

 リュウキュウサンショウクイは1970年代に南九州に生息していたが、2010年には北部九州、四国、紀伊半島で確認されるなど、温暖化による環境変化で生息域が広がっている。2015年3月には秦野市内でも初めて八木会長が確認し、以降毎年見られるようになっていた。さらに一昨年4月には、市内で初の営巣も確認。5月には卵から孵ったひなの巣立ちも確認されていた。

2020年の抱卵時の様子(八木さん提供)
2020年の抱卵時の様子(八木さん提供)

秦野版のローカルニュース最新6

外貨募金をユニセフへ

秦野名水RC

外貨募金をユニセフへ

市民から不要コイン募る

7月19日

森の中の音楽会

限定40人観覧受付中

森の中の音楽会

8月4日 奥津国道美術館

7月19日

ブルーベリーを寄贈

ブルーベリーを寄贈

秦野で摘み取り始まる

7月19日

北津軽を描き作品集に

北津軽を描き作品集に

市内在住・山本さん

7月19日

夏休みにボルダー体験

夏休みにボルダー体験

小学生向け参加者募集中

7月19日

しろひげ塾生展

しろひげ塾生展

30日から市民ギャラリー

7月19日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook