神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
秦野版 公開:2022年5月27日 エリアトップへ

リュウキュウサンショウクイ ”常識覆す”古巣利用 今年も繁殖確認

社会

公開:2022年5月27日

  • X
  • LINE
  • hatena
抱卵中の様子(今年4月撮影=八木さん提供)
抱卵中の様子(今年4月撮影=八木さん提供)

 南西諸島や沖縄などで繁殖・生息する「リュウキュウサンショウクイ」が、スズメ目の鳥では珍しく古巣を利用した繁殖をしている姿が4月11日に確認された。

 観察者は、はだの野鳥の会の八木茂会長。2020年に同種の鳥が市内で初めて営巣した大倉地区の約15mの杉の木のてっぺん付近の枝に、巣を発見した。

 会長によると、リュウキュウサンショウクイのような樹木の枝上などに巣を作るスズメ目の小型の鳥は、一般的に巣の再利用はしないとされているという。しかし、一昨年の抱卵時の写真と今年撮影した写真を比べてみたところ、木の枝の様子から全く同じ場所であることが分かった。

 リュウキュウサンショウクイが、古巣の上に見分けのつかないほどの全く同じ巣を作り繁殖していたことに驚く八木会長。「古巣を利用した理由は分かりませんが、木の上などに巣を作る鳥としては初めての観察例では」と話した。

 リュウキュウサンショウクイは1970年代に南九州に生息していたが、2010年には北部九州、四国、紀伊半島で確認されるなど、温暖化による環境変化で生息域が広がっている。2015年3月には秦野市内でも初めて八木会長が確認し、以降毎年見られるようになっていた。さらに一昨年4月には、市内で初の営巣も確認。5月には卵から孵ったひなの巣立ちも確認されていた。

2020年の抱卵時の様子(八木さん提供)
2020年の抱卵時の様子(八木さん提供)

秦野版のローカルニュース最新6

おかめ桜と菜の花の競演、華やかに

【Web限定記事】秦野市

おかめ桜と菜の花の競演、華やかに

定点観測で見頃の確認も

2月28日

子ども食堂の運営ノウハウを学ぶオンライン講座

【Web限定記事】

子ども食堂の運営ノウハウを学ぶオンライン講座

神奈川県主催 令和6年3月6日 13:15〜14:30

2月28日

神奈川県、LINEアプリで子育て支援

【Web限定記事】

神奈川県、LINEアプリで子育て支援

子どもの成長、ニーズに合わせたタイムリーな情報を提供

2月24日

秦野市制施行70周年のロゴマーク市民投票スタート

【Web限定記事】

秦野市制施行70周年のロゴマーク市民投票スタート

3月4日まで

2月23日

総会で東海大学卒業生ら約100人が絆深める

【Web限定記事】

総会で東海大学卒業生ら約100人が絆深める

神奈川ブロック中央支部

2月23日

フォトグラフィカが写真展

【Web限定記事】

フォトグラフィカが写真展

2月27日から、秦野市立宮永岳彦美術館

2月23日

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月27日0:00更新

  • 10月20日0:00更新

  • 10月6日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook