神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
秦野版 公開:2022年10月14日 エリアトップへ

下田国際音楽コンクール ピアノ連弾で審査員特別賞 肥田さんと板東さん

社会

公開:2022年10月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
連弾を披露する(手前から)肥田さん、板東さん
連弾を披露する(手前から)肥田さん、板東さん

 「下田国際音楽コンクール」の審査結果が9月22日に公表され、秦野市下落合のクレッセント音楽教室に通う肥田華乃さん(南が丘在住/平塚中等教育学校1年)と板東麻衣さん(平塚市在住/小田原高1年)がプロフェッショナル部門で審査員特別賞を獲得した。

 ピアノや弦楽器、打楽器、声楽など、楽器を特定せずに実施される同コンクール。審査は動画で行われ、2人は16歳以上の部門となる「プロフェッショナル部門」にエントリーした。今回演奏したプーランク「4手のためのソナタFP.8」の連弾を、今年3月に行われたクレッセント音楽教室の発表会で披露した際に、「撮影した動画がとても良く、何かにエントリーできないかと思っていたところでした」と同教室の石井晶子代表は話す。

 「賞をとれるとは思っていなかった」と口を揃える2人だが、受賞は嬉しく、喜びの表情を浮かべる。2人がペアを組んで連弾するのはこの時が初めて。板東さんは連弾自体が初めてで「ソロよりずっと緊張する。華乃ちゃんは私と弾き方がまったく逆なので、とても面白かった」と感想を語る。肥田さんも「連弾をするのは久しぶりだったけど、あわせてもらえて楽しかった。動画を2人で見て、できているところ、雑だったところを話し合ったりしました」と話す。難しい曲に挑戦した形だったが「2人とも技術のある子たちなので、思い切ったことをさせてみたかった。やればばっちり合うだろうなと思っていたけど、思った以上だった」と石井代表。審査員からも「2人の息が合ってよく集中したノリの良さを感じる」「曲想にあったダイナミクスも良く表現されていた」などの評価を受けたという。

 今後の目標は、という問いには「きれいに音を出すスキルを磨きたい」と板東さん。肥田さんは「憧れていたショパンのエチュードを弾き始めたので、頑張りたい」と話した。

秦野版のローカルニュース最新6

「登山の地図読みを学ぼう」

「登山の地図読みを学ぼう」

6月9日、戸川公園

5月24日

市民ゴルフ大会参加募集

市民ゴルフ大会参加募集

申込先着160人

5月24日

巡回で犯罪抑止し18年

ZOOM UP

巡回で犯罪抑止し18年

桜町の防犯パトロール隊

5月24日

6月1日はサタフェス

観覧無料

6月1日はサタフェス

文化会館の地域交流イベント

5月24日

かながわ音楽コンで入賞

かながわ音楽コンで入賞

東小6年 相原さん

5月22日

柏木新体制がスタート

秦野市商店会連合会

柏木新体制がスタート

7期14年の杉山氏が退任

5月22日

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 10月27日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook