神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
秦野版 公開:2024年4月12日 エリアトップへ

横浜市在住安部さん 宮永岳彦作品「煌(こう)」を寄贈 評価額は350万円

文化

公開:2024年4月12日

  • X
  • LINE
  • hatena
寄贈された「煌」
寄贈された「煌」

 横浜市在住の安部祐弘(すけひろ)さん(横浜市在住)が3月19日、秦野市ゆかりの画家である宮永岳彦の作品「煌(こう)」を秦野市に寄贈した。

 「光と影の華麗なる世界」と称される美人画で知られる洋画家・宮永岳彦。『ぺんてるくれよん』のパッケージや、『小田急初代特急ロマンスカー』(3000形SE車)の内外装のデザインも手掛けている。2度の兵役後、実家のある秦野市名古木にアトリエを構え、1946年から15年に渡り市内で創作活動を行うなど秦野市にゆかりのある画家。秦野市が遺族から作品の寄贈を受けたことをきっかけに、2001年10月に鶴巻北に宮永岳彦記念美術館が開館した。同美術館では年2回ほど企画展を開催しており、 現在は「宮永岳彦 優美な世界─デッサンから油彩画まで─」をテーマに展示が行われている。

 今回寄贈された「煌」はF30号サイズの油彩画。2022年にテレビ東京で放映された「開運!なんでも鑑定団」に出品され、350万円の評価額となった。番組放映後に作品の購入者が募集され、秦野市に住んでいたことがある安部さんが購入。その後、同美術館への寄贈に至った。寄贈された作品は次回の企画展に展示予定だ。

秦野版のローカルニュース最新6

秦野総合高が関東大会へ

秦野総合高が関東大会へ

女子バレーとソフトテニス

5月31日

日本の鼓動 この街から轟け

秦野観光和太鼓

日本の鼓動 この街から轟け

自主公演前インタビュー

5月31日

出品作品を募集

出品作品を募集

秦野美術協会展

5月31日

論語などまとめ一冊に

論語などまとめ一冊に

鶴巻在住・加藤正孝さん

5月31日

6月イベント情報

万葉の湯 はだの館

6月イベント情報

5月31日

健口習慣で骨元気!

太田嘉英教授が特別講演(定員200人) 秦野伊勢原歯科医師会

健口習慣で骨元気!

5月31日

あっとほーむデスク

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月31日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook