さがみはら緑区版 掲載号:2017年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

サッカークラブFCコラソン

15年越しにブラジル招待 スポーツ

「恩返し」込め市で国際交流

「FCコラソン」と「サンパウロFC」のメンバー(2002年当時)
「FCコラソン」と「サンパウロFC」のメンバー(2002年当時)
 市内のサッカークラブ・FCコラソン(工藤修一理事長)はこのほど、国際交流事業としてブラジルのサンパウロFCを相模原へ招待する。10月8日から17日を「サンパウロ・ウィーク」と名付け観光巡りなどを行うほか、15日には記念大会で親睦を深める。

 FCコラソンは20年以上前からブラジルで強化合宿を行うなど同国との縁が深いクラブチームで、現地で知り合ったプロクラブのコーチによる姉妹チーム「コラソンブラジル」も有する。

「記念大会は相模原で」

 今回招待するのは、サンパウロFCのU-12所属メンバー18人と監督ら。9日に津久井又野公園で歓迎セレモニーを行った後、山梨でのブドウ狩りや富士山・鎌倉などを案内して回る。15日には國學院大學相模原グラウンドで親善試合「コパ・コラソン インターナショナルU12」を開催(一般見学可)。滞在期間中、サンパウロFCのメンバーはコラソンのメンバーの自宅にホームステイする。工藤理事長は「記念大会はぜひとも相模原で開催したかった。支援頂いた皆様に感謝の気持ちでいっぱい。コラソンのみんなにもブラジルをより身近に感じてもらいたい」と期待を口にする。

 2020東京五輪開催にあたり、ブラジル選手団の事前キャンプの地に決まった相模原市。工藤理事長は「20年以上ブラジルと交流を続ける私たちにとって、代表チームを迎え入れることができるのは感慨深い。これからも相模原のクラブとして、サンパウロFC、そしてブラジルと深く繋がっていければ」と話した。

関連記事powered by weblio


さがみはら緑区版のローカルニュース最新6件

青年経済人がスポーツ交流

キャンバスに描く「生命力」

3カ所でキャンペーン

相模原の鉄道を探る

12月28日まで  市立公文書館

相模原の鉄道を探る

10月12日号

男の料理教室参加募集

3B体操

3B体操

10月12日号

さがみはら緑区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク