さがみはら緑区版 エリアトップへ

2021年1月の記事一覧

  • 顔、腕、言葉ですぐ受診

    シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

    顔、腕、言葉ですぐ受診

    三成会 新百合ヶ丘総合病院

     脳卒中から身を守る秘訣。それは発症から1分でも早く脳卒中センターにたどり着き適切な治療を開始することです。 しかし症状が軽い場合、「こ...(続きを読む)

    1月14日号

  • 脳卒中センター開設

    脳卒中センター開設

    相模原協同病院

     相模原協同病院脳神経外科は、新病院移転により『脳卒中センター』へ名称が変更となり、新しい診療体制となった。同センターは、脳卒中に対する治療を一刻も早く行う施設...(続きを読む)

    1月14日号

  • SC相模原、後援会が発足

    SC相模原、後援会が発足 スポーツ

    会長に本村市長

     SC相模原は昨年12月7日、SC相模原後援会(仮称)を発足させた。会長には本村賢太郎市長が就任。望月重良会長と小西展臣社長が市役所を訪れ、発足を喜んだ。...(続きを読む)

    1月14日号

  • 看護の復職相談会

    看護の復職相談会 社会

    2月7日 市病院協会主催

     看護職の復職支援を目的とした就職相談会が2月7日(日)、ウェルネスさがみはら(中央区富士見)5階会議室で開かれる。時間は午前10時30分から午後3時まで。...(続きを読む)

    1月14日号

  • アリオに神社が出現

    アリオに神社が出現 文化

    2月15日まで 照天神社

     照天神社(金子雄貴宮司/中野1900の1)は、毎年恒例となった「新年出張祈願・アリオ橋本照天神社」を2月15日(月)まで行っている。...(続きを読む)

    1月14日号

  • 日赤に清浄機と寄付金

    日赤に清浄機と寄付金 経済

    津久井中央・橋本RC

     津久井中央ロータリークラブ(以下RC、水野茂会長)と相模原橋本RC(沼尾一喜会長)は昨年12月8日、地域医療の一役を担い、コロナ禍の中懸命に働く「相模原赤十字...(続きを読む)

    1月14日号

  • 久保 武史さん

    公益社団法人津久井青年会議所(JC)第40代理事長に就任した

    久保 武史さん

    中野在住 39歳

    コロナ禍も「考えて行動を」 ○…新型コロナウイルスへの対応など難しい舵取りとなる今年。スローガンを『「動」〜夢、情熱溢れる...(続きを読む)

    1月14日号

  • 外出自粛「強く要請」

    緊急事態宣言市対応

    外出自粛「強く要請」 社会

    公民館など134施設休止

     新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が、7日に国から1都3県に対して発出されたことを受け市は8日、対策本部で対応を協議し、同日の年頭記者会見で発表した...(続きを読む)

    1月14日号

  • コロナ疲れ 足から改善

    コロナ疲れ 足から改善

    橋本の足育整体ミックスサポート

     橋本駅北口駅前の足育整体「mix support」は、サッカーや自転車のトレーナーとして活動してきた及川匠さんが行う”足”に特化した施術が好評だ。コロナの外出...(続きを読む)

    1月7日号

  • 「マグロづくし」で景気づけ

    1月7日(木)〜2月28日(日)で販売 初春限定

    「マグロづくし」で景気づけ

    『マグロスペシャル』『ネギトロ丼』登場

     今年を幸多き年にするためにも、美味しい「海の幸」で景気づけを。地元持ち帰り寿司専門店『御用寿司』では今年も1月7日(木)より、初春限定で「マグロスペシャル」(...(続きを読む)

    1月7日号

  • 官民連携で達成めざす

    特別座談会続き(第2回)

    官民連携で達成めざす 社会

     世界が抱えるさまざまな問題を解決するために国連で定められた「SDGs」(持続可能な開発目標)。元旦号に引き続き、相模原市SDGs推進室の室長を務める...(続きを読む)

    1月7日号

  • 市へ3台の発電機寄贈

    市へ3台の発電機寄贈 社会

    LPガス協 「防災力向上に」

     (公社)神奈川県LPガス協会相模原支部(齋藤正行支部長)は昨年12月24日、相模原市にLPガスを燃料とする発電機3台を寄贈した。 寄贈...(続きを読む)

    1月7日号

  • プレゼントが当たる

    プレゼントが当たる 社会

     市では「省エネ家電買替キャンペーン」として、1月末までに規定のエアコンか冷蔵庫に買い替えた人(県内・東京都・埼玉県・千葉県在住者)に、空気清浄ファン...(続きを読む)

    1月7日号

  • 120kgの大しめ縄

    120kgの大しめ縄 文化

    二本松八幡宮

     二本松八幡宮氏子総代役員27人(八木孝雄総代長)が12月20日、大しめ縄作りを行った。  この大しめ縄は、長さ3・9m...(続きを読む)

    1月7日号

  • 誇りある都市へ前進

    元旦号の続き

    誇りある都市へ前進 社会

    市長インタビュー【2】

     ――シビックプライド条例についてお話しください。  シビックプライドは、市民が相模原市に対し、「誇り」、「愛着」、「共...(続きを読む)

    1月7日号

  • 飯塚 侑さん

    1月1日付で公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の新理事長に就任した

    飯塚 侑さん

    大島在住 36歳

    地域の未来 信じて動く ○…第56代理事長に就任。新生活様式の中で組織の意義が問われる今、「個が集合するJCの多様性を武器...(続きを読む)

    1月7日号

  • ビジネスとの両立も重要

    冨永愛さんインタビュー続き(第2回)

    ビジネスとの両立も重要 社会

     ―冨永さんがモデルを始められた頃と今とでは、SDGsの取り組みの様子は違いますか。 「全然違います。今は見なくなりましたが毛皮なんて当...(続きを読む)

    1月7日号

  • 2021年 年頭所感

    津久井地域4商工会会長

    2021年 年頭所感 経済

     新年明けましておめでとうございます。  昨年は、年頭より新型コロナウイルス感染症の話題一色でした。この災いは世界経済だ...(続きを読む)

    1月7日号

  • コロナ禍の「新しい成人式」

    コロナ禍の「新しい成人式」 文化

    分散開催 生中継も

     市内の新成人の門出を祝う「はたちのつどい」が1月11日(月・祝)、各地で開催される。今年は新型コロナウイルス感染症の影響を受けながらも、式典時間の短縮や回数増...(続きを読む)

    1月7日号

  • 「安全安心の五輪やりきる」

    新春知事インタビュー

    「安全安心の五輪やりきる」 政治

    感染防止へマスク会食も訴え

     タウンニュースは神奈川県の黒岩祐治知事に年頭インタビューを行った。知事は、新型コロナウイルスへの対応を振り返ると共に、東京五輪開催へ強い意欲を見せた...(続きを読む)

    1月7日号

  • 津久井の交通環境整備の一端を担う

    津久井の交通環境整備の一端を担う

    創業71年 (有)津久井自動車

     市のSDGsパートナー制度に選定される津久井自動車。「津久井は自動車が必須の地域。住み続けられるまちの実現には、安全な交通環境が求められる」と悟社長は話す。そ...(続きを読む)

    1月1日号

  • 人材育成へ業界トップのクラスの社内環境づくり

    人材育成へ業界トップのクラスの社内環境づくり

    創業22年 株式会社高橋林業

     林業は高齢化が進み、林業従事者はピーク時の3分の1まで減少する。緑区でも数社しかない。「山林の維持には次世代の林業の担い手を育てるのが我々の使命」と高橋正二社...(続きを読む)

    1月1日号

  • 会社も商店街も持続可能な活動を

    会社も商店街も持続可能な活動を

    飯塚塗研・リリマート

     会社が入居する任意団体となる商店街「リリマート」の理事長を務め、シャッターに17のSDGsの理念を貼るなど、『SDGs商店街』として再生させた飯塚侑社長。昨年...(続きを読む)

    1月1日号

  • 多角的事業展開 中核は住宅とタクシー

    多角的事業展開 中核は住宅とタクシー

    株式会社サーティーフォー

     不動産、戸建注文、リノベーション、飲食、社会事業投資(ヘルスケア、人材マッチング)とさまざまな分野で事業を展開。その多角的経営の中にあって、根幹を成すのが住宅...(続きを読む)

    1月1日号

  • 点滴流量をIoTで管理

    点滴流量をIoTで管理

    医療や介護従事者の負担軽減に貢献 

     地元医療機器・各種計量機器の企画・開発メーカー「マーク電子」(緑区橋本台・村山忠雄会長)はこのほど、点滴の流量をスマートフォンやパソコンを使いリアルタイムで管...(続きを読む)

    1月1日号

  • 地域と共生し地球と共存する

    地域と共生し地球と共存する

    株式会社ギオン

     創業以来「総合物流企業」を目指し、一歩一歩着実に歩んできたギオン。1965年に5人で起こした会社は、国内外に70拠点、車両保有台数1500台、従業員...(続きを読む)

    1月1日号

  • ニューノーマル時代を切り拓く教育と福祉の在り方

    ニューノーマル時代を切り拓く教育と福祉の在り方

     昨年は新型コロナウイルスの脅威に見舞われ、世界的に大きな転換期となりました。今回は2021年新春企画として、児童福祉学科で保育者を、また、専攻科介護...(続きを読む)

    1月1日号

  • 身の丈のSDGs、企業の責務

    身の丈のSDGs、企業の責務

    災害対策など地域活動に尽くし他をけん引

     地域で企業活動を行うものとして、「身の丈に合った地域貢献活動」を積極的に推進することは責務だと企業人としての覚悟を示す。 SDGsにつ...(続きを読む)

    1月1日号

  • 地域住民によりよい医療を

    相模原協同病院

    地域住民によりよい医療を

    1月4日から外来オープン

     「相模原協同病院」がいよいよ1月4日(月)から外来をオープンする。 70年以上地域住民に愛されてきた同院もここ数年は、老朽化や狭隘化に...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「持続可能な会社」めざして

    「持続可能な会社」めざして

    電気設備・通信のダイアグラム 安達裕也代表

     戸建や共同住宅、工場、店舗の電気設備工事や太陽光設置を設計から行い、通信事業部門では光ファイバーやLANも施工。電気・通信工事全般のプロフェッショナルだ。県・...(続きを読む)

    1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク