横須賀版 掲載号:2017年4月14日号

VR三笠

歴史的瞬間を体感セヨ

ゴーグルを装着すると眼前に戦艦三笠の雄姿が現れる
ゴーグルを装着すると眼前に戦艦三笠の雄姿が現れる
「日本海海戦」の大勝利

 日露戦争の雌雄を決する最後の決戦となった「日本海海戦」がバーチャルリアリティー(=以下VR)と呼ばれる仮想現実の技術で再現される。記念艦「三笠」を管理する三笠保存会とゲーム制作会社の神田技研が共同で開発を進めているもので、4月29日(祝)にお披露目となる。ゴールデンウィーク期間中の目玉アトラクションとなりそうだ。

 VR日本海海戦では、プレイヤーが3D映像の戦艦三笠に乗り込み、司令長官大将の東郷平八郎や作戦参謀中佐の秋山真之と同じ視点で敵艦のバルチック艦隊と対峙。「東郷ターン」と呼ばれる敵前回頭など、海戦史史上例をみない大勝利を収めた歴史的瞬間に立ち会うことができる。

 全編の監修を三笠保存会が行っており、史実に忠実なストーリ展開となっている。開発を主導した神田技研の西野元章代表取締役は、「書籍や映像ではわからなかった、日本海海戦の経緯や明治期の日本人の敢闘を体験的に理解できる内容」としている。

 VR日本海海戦は記念艦「三笠」で楽しめる。利用は無料で視聴時間は約15分間(※観覧料が必要)。ゴールデンウィーク後も常設展示の予定となっている。

 神田技研では、これまでにVRを用いた「戦艦大和」も手掛けており、昨秋に三笠で行われた体験会では、16日間で全国から約4千人のファンが詰めかけた。

■記念艦「三笠」/午前9時から午後5時半/観覧料大人600円、高校生300円、中学生以下無料

関連記事powered by weblio


横須賀版のローカルニュース最新6件

「見えない」病に配慮を

金谷在住の高橋綾さん

「見えない」病に配慮を

6月23日号

ハマっ子、三浦半島を行く

横浜市歴史博物館

ハマっ子、三浦半島を行く

6月23日号

ファンが発信 軍港の魅力

「自慢の味」ギュッと缶詰に

笑って学ぶ「相続落語」

臼井不動産

笑って学ぶ「相続落語」

6月23日号

浦郷の学び舎跡巡る

よこすかシティガイド協会

浦郷の学び舎跡巡る

6月23日号

関連記事(ベータ版)

横須賀版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハマっ子、三浦半島を行く

横浜市歴史博物館

ハマっ子、三浦半島を行く

江戸と弥生 2つの時間軸

6月21日~7月17日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/