横須賀版 掲載号:2017年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

高校生ダンサー時川奏太さん

「会場沸かせる」挑む頂上決戦 スポーツ

驚異の柔軟性が武器
驚異の柔軟性が武器

 県立三浦臨海高校3年の時川奏太(かなた)さん(坂本中出身)が4月23日(日)、両国国技館で開かれるダンス競技会「GATSBY(ギャツビー) HIGH(ハイ) SCHOOL(スクール) ダンシ COMPETITION(コンペティション) 2017」に出場する。今年1月、インターネット上で行われた予選を1位で勝ち抜き、決勝へ進出を決めた。時川さんは「会場を沸かせるダンスで優勝を」と意気込んでいる。

 「日本一カッコイイ高校生男子ダンサーを決定」と銘打って行われる同大会。公式ツイッター上で予選会が実施され、70組を超える全国の高校生が自慢のダンスを動画で披露。リツイート・いいね・コメントの数、パフォーマンス技術、ビジュアルや衣装センスをそれぞれ得点化する方式で競われた。

 時川さんは、華麗な足技や肩の関節を自在に動かす「ボーンブレイク」と呼ばれる技など数々のアクロバティックな動きで話題をさらった。ツイッターの支持は延べ2500件。高い評価を集めた。決勝大会では、3組4人の高校生ダンサーが約1万2000人の観衆の前でパフォーマンスを披露し、雌雄を決する。

かつてはサッカー少年

 本格的にダンスを始めたのは、高校に入ってからという。中学まではサッカー少年だったが、新しいことを始めたいと高校入学を機に挑戦。ダンス部に入部し、見よう見まねで様々なダンサーの動画を参考に独学で技術を習得してきた。ストレッチや自主練習は欠かさず、ダンスに費やす日々。そのストイックさに友人や顧問も舌を巻き、オリジナリティ溢れるユニークなセンスもあって、めきめきと頭角を現した。

 中央駅前のYデッキなどで路上パフォーマンスをすることもあるといい、「どう見せるかをいつも考えているので、褒められたときの達成感が次のやりがいになっている」とダンスへの情熱を語る。

 高校卒業後はプロダンサーになる夢を叶えるため、アメリカ留学でキャリアを重ねたいという時川さん。目下の大舞台で優勝して弾みをつける。
 

関連記事powered by weblio


横須賀版のローカルニュース最新6件

「魅力」とはオリジナリティ

青年八日会

「魅力」とはオリジナリティ

10月13日号

アイデア詰まった一皿

ピザコンテスト

アイデア詰まった一皿

10月13日号

空っぽの池 何がいた

光の丘水辺公園

空っぽの池 何がいた

10月13日号

洗練された造形表現

「特集:岡本健彦」 所蔵品展

洗練された造形表現

10月13日号

夜の博物館を探検

うわまちハロウィン

夜の博物館を探検

10月13日号

おもちゃを手術

おもちゃを手術

10月13日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク