横須賀版 掲載号:2017年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

「高齢化」に勝機さぐる

経済

 政府が成長戦略の1つに掲げる「女性の活躍推進」。その環境整備として、地域の金融・創業支援機関による起業支援体制も手厚くなっている。開業者に占める女性の割合は年々増えており、生活関連サービスや教育などの分野での起業が多い(中小企業白書より)。個人で起業した市内女性の「働き方」を追った。

犬と飼い主トータルサポート

 国内では約14%の世帯が犬を飼育しているという。飼い主を年代別にみると、50代が17・5%、60代15・6%と続く(ペットフード協会調べ)。「(人の)高齢化が進み、一緒に生活する犬のケアの需要も高まっている」と話すのは、昨年9月に犬のトータルサポート事業を立ち上げた菊池明日香さん(富士見町)。「吠え癖など問題行動を直したい」「体力に自信がなく、散歩に連れて行ってほしい」「年老いた犬の介護方法が分からない」―など多種多様な依頼に応じている。

 犬好きで「動物に関わりたい」と農業高校へ。ペットの専門学校に進んだ後、市内の動物病院で修業した。「いつかは独立を」と夢に描き、現場での経験を積む中で、「犬の生活を総合的に支える受け皿になりたい」と感じるようになった。病院やシッターの他、副業としてトリミングを手掛ける人も増えているが、「これらを個別に行き来するのは大変。出張形式の”ワンストップ”でサポートできれば、飼い主も犬にも負担が少ない」と考えた。動物看護士の認定資格を持ち、「ニーズに応じて、何でも対応できる」がいちばんの強みだ。

*   *   *

 起業に際し、横須賀商工会議所が昨年実施した「ウーマンアカデミー」に参加、事業化のノウハウを学んだ。スタートは”好きなこと”だが、事業目標や経営など体系的なビジョンが必要だ。「軌道に乗せることが今の第一目標」と話す。

 犬と飼い主双方と深く関わるためには、信頼関係が重要。「個人事業主のほうが、柔軟に動ける」と感じている。「時間がかかるが、全ては犬を通したコミュニケーション。長く寄り添える存在でいたい」

宅建協会 横須賀三浦支部

弁護士による「不動産の法律無料相談」を12月19日に実施します。

http://www.yokosuka-miura.com/

<PR>

横須賀版のローカルニュース最新6件

よこすかシーサイドマラソン

7月1日(土)午前0時にエントリー開始

http://www.yokosuka-seaside.jp/

<PR>

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歩いて知る山城

健康&歴史ウォーキング

歩いて知る山城

佐原・久里浜8Kmのコース

1月21日~1月21日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク