横須賀版 掲載号:2017年8月4日号
  • googleplus
  • LINE

ワールドゲームズアーチェリー

日本人初の表彰台

スポーツ

大貫選手が銅メダル

 先月30日までポーランド・ヴロツワフで行われた国際総合競技大会「ワールドゲームズ2017」のアーチェリー/フィールド部門で、浦郷町在住の大貫渉さん(サガミ所属)が3位に入った。同部門での日本人選手のメダル獲得は初めて。

 同大会は、五輪翌年に行われているもので、国際ワールドゲームズ協会が主催。五輪に採用されておらず、かつ世界規模の大会を実施している種目で、トップクラスの選手が参加することから、”第2の五輪”と呼ばれている。

 7月20日から10日間、ポーランドのヴロツワフで行われた今大会は、31競技に111カ国・約4100人が参加。日本からは、アーチェリーのほかボウリングや空手道、ライフセービング、相撲など18競技98人が世界の舞台に挑んだ。

 大貫選手が出場したアーチェリーのフィールド部門は、草原や丘などに設置されたターゲット(的)に行射し、ゴルフのラウンドのように歩いて移動する競技。2人1組で対戦し、総合得点を競う。「今大会のコースは比較的平坦で集中できた。観客席がすぐそばで臨場感があった。これがフィールドの楽しさ」と話す。大会は準決勝で敗れたものの、3位決定戦ではクロアチアの選手を下し、銅メダルを獲得した。大会同部門では日本人初メダルの快挙。競技関係者からも喜びの声が上がっている。

 上位の選手は、五輪出場経験がある強豪ばかり。予選トーナメントを含めて3試合、互角の戦いを繰り広げて表彰台に上がったことは「大きな成果」と大貫選手。普段は「ターゲット」と言われる五輪種目が専門で、前月のワールドカップでは満足のいく成績が残せなかったが「大きく崩れないのが自分の強み。精神面でも、今後の試合に向けて収穫になった」と振り返る。

地元で練習、五輪目指す

 今年3月に大学を卒業。この春、地元のガス会社サガミにアスリート選手として入社し、仕事と競技活動を両立する。練習拠点は、小学生の頃から通うくりはま花の国アーチェリー場。平日は夕方まで勤務し、1日3時間近くを練習に充てる。多い日は300本近く射ることもあるが、「職場に近く、安定した環境で取り組めている」と話す。

 今年のナショナルチーム(日本代表)にも名を連ね、今月19日から行われるユニバーシアード台北大会、11月にはアジア選手権への出場も控える。国際舞台での経験は、自分を客観視する良い機会と捉えている。見据える先は東京五輪。「大会1年前には選考会で代表が決まる。まずは、来年の強化チームに入ることが第一目標」と今後の決意を語った。

=人物風土記に関連記事

関連記事powered by weblio


横須賀版のトップニュース最新6件

「ごみ屋敷」対策に条例

横須賀市議会

「ごみ屋敷」対策に条例

10月20日号

WEBで仕事情報

横須賀市

WEBで仕事情報

10月20日号

デザインでまちを動かせ

1万人が神輿で隊列

賑わい企画で機運醸成

浦賀奉行所開設300周年

賑わい企画で機運醸成

10月6日号

運慶仏収蔵庫を改修

浄楽寺

運慶仏収蔵庫を改修

10月6日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

空気に重さはある?

空気に重さはある?

「科学の鉄人」実験ショー

11月18日~11月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク