横須賀版 掲載号:2017年8月4日号
  • googleplus
  • LINE

”編み魚”が階段泳ぐ

文化

市民参加でライブ製作

階段上部には「あみたまクラゲ」も
階段上部には「あみたまクラゲ」も
 横須賀美術館で開催されている「編んだ〜わーるど展」に関連したライブパフォーマンスが、先月29日に行われた。

 作品を出展している編み師の203gow(にいまるさんごう)さんをリーダーに、公募で集まった約15人の「あみこみ隊」が、同館エントランスにある吹き抜け螺旋階段の手すりを編んで装飾。側面は、タコやマンボウ・カンパチ・エイ・シイラなどの”編み魚”8体がぐるりと取り囲んだ。手のひら大の「モチーフ」を繋ぎ合わせたもので、白を基調とした館内に映えるポップな色遣いに仕上がった。

 参加者は事前の2回のワークショップを経て、当日は半日かけて取り付け。少しずつ形になっていく様子を”ライブ”で見られるとあって、足を止めて写真を撮る姿も見られた。

 「あみこみ隊」のひとり、市内在住の佐藤桐子さんは「大好きな編み物で、同じ趣味の人とも交流できて楽しかった。思いおもいに編んだものが、こんな大きな作品になって嬉しい」と話した。「自分の作品を美術館に展示する喜びも感じてもらえてよかった」と203gowさん。装飾された階段は、同展会期中の10月1日(日)まで公開している。

親子ワークショップも

 展示にも使われた毛糸の「ミニミニあみたまクラゲ」を作る親子講座が9月2日(土)に行われる。小学生とその保護者が対象で、参加費1人300円。午前11時・午後2時・3時半、各回20人で当日先着制、整理券は午前10時から配布する。

完成作品を前に笑顔の参加者
完成作品を前に笑顔の参加者

関連記事powered by weblio


横須賀版のローカルニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

空気に重さはある?

空気に重さはある?

「科学の鉄人」実験ショー

11月18日~11月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク