旭区版 掲載号:2015年3月12日号
  • googleplus
  • LINE

若葉台団地 「体験入居室」がオープン 子育て世代へ魅力発信

経済

トータルコーディネートされた「体験入居室」
トータルコーディネートされた「体験入居室」
 神奈川県住宅供給公社は4月11日(土)、若葉台団地の一戸を宿泊体験ができる「体験入居室」としてオープンさせる。高齢化が進む同団地の再生プロジェクトのひとつで、若年層や子育て世代へ同団地の魅力を発信し、「若い世代」の流入促進を図るのが狙いだ。

 高度成長期に建築された郊外型団地の多くが、建物の老朽化や少子高齢化、子ども世代の流出といった問題を抱える。若葉台団地も例外ではない。

 同団地の分譲が始まったのは1979年。それから36年が経過した団地では、少子高齢化と人口減少が進んでいる。65歳以上の高齢化率は約40%、人口は1万5012人(2014年12月)と、ピーク時の2万683人(92年)から約5千人減少している。

 こうした状況を踏まえ、公社は団地再生のターゲットを若年・子育て世代とし、その世代にアピールするため「体験入居室」を整備。同団地への転入を検討している人向けに、無料で宿泊して団地生活体験をしてもらい、住み心地や周辺環境を肌で感じてもらうことを目的としている。同取り組みは国土交通省補助事業の採択を受けた、モデル事業の一部として実施される。

 団地再生に向けた取り組みには地域住民も積極的に携わっており、宿泊体験者にガイドを行うことも計画されている。若葉台連合自治会の山岸弘樹会長は「地域としても若い人や子育て世代の人が暮らしやすいよう整備を進めている。(宿泊体験者には)街全体を歩いてもらって、若葉台の良さを感じてほしい」と話す。

 問い合わせは若葉台まちづくりセンター【電話】045・921・2000へ。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

夏の全国大会へ

区内2高校

夏の全国大会へ

7月26日号

消防操法競う県大会へ

旭消防団第4分団

消防操法競う県大会へ

7月19日号

地図活用して地震に備え

星槎中学校

地図活用して地震に備え

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

未整備区域の意見を募集

横浜動物の森公園

未整備区域の意見を募集

7月12日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク