旭区版 掲載号:2018年7月5日号 エリアトップへ

希望が丘音楽家有志 街への気持ち歌に CD「この希望の街で♪」制作し販売

社会

掲載号:2018年7月5日号

  • LINE
  • hatena
五味さん(中央)と伊原さん夫妻=(五味さん提供写真)
五味さん(中央)と伊原さん夫妻=(五味さん提供写真)

 希望が丘で活動する音楽家有志たちが「まちフェス実行委員会」を立ち上げ、街のテーマソング「この希望の街で♪」を制作した。地域のつながりや街への愛着が歌詞に込められており、音楽を通して地域の活性化につなげたい考えだ。

 制作は昨年秋頃に始まった。作詞・作曲を手がけたのは、南希望が丘の自宅でカフェ「ハートフル・ポート」を営む五味真紀さん。五味さんは約20年前、南希望が丘に移り住んだ。4年前にオープンした同店は、五味さんの義母が60年以上暮らした部屋を改装したものだ。

 「この街で義母が長年暮らし最期を迎えた。自分自身も子育てで成長してきたこともあって、ずっと感じていた街への愛着を歌にしてみたかった」と五味さん。趣味のギターで音を奏でたところ、自然と歌詞が浮かび、歌が出来たという。

 さちが丘で「イハラ音楽教室」を経営し、同店や地元でもコンサートを行う伊原鉄朗さんと空弥さん夫妻に歌を聴いてもらったところ、「気に入ってもらえて、『街のテーマソングにしよう』という話になった」と五味さんは話す。

 同店に集う音楽家の有志にも声をかけ、「音楽で街を元気にしよう」という目標のもと、昨年秋に「まちフェス実行委員会」を立ち上げ。今年2月に同店でレコーディングを行い、CD制作を進めてきた。発売は先月18日、同店の開店4周年に合わせて行った。

フェス実現が目標

 「少子高齢化や人間関係の希薄化など地域の課題は多くあるが、希望が丘の街は見守りや支え合いが活発だと思う」と五味さん。歌について「音楽で人々や活動がつながり、街がもっと元気になれば。音楽のフェスティバルも実現させたい」と話していた。

 CDは同店のほか、イハラ音楽教室、アマンデン洋菓子店、ミュージックサロンおんぷなどで、300円で販売。売り上げは制作費のほか、今後の活動資金に充てるという。問い合わせは、cafeハートフル・ポート【電話】045・777・8159へ。

旭区版のトップニュース最新6

「重忠ブランド」を募集

旭区

「重忠ブランド」を募集 文化

来年「大河ドラマ」を好機に

10月21日号

住宅地、上昇傾向に

旭区内基準地価

住宅地、上昇傾向に 経済

商業地は堅調

10月21日号

独自バッジで接種PR

理容組合旭支部

独自バッジで接種PR 社会

コロナ禍で取り組み模索

10月14日号

前年に比べ半減

旭区内熱中症搬送

前年に比べ半減 社会

猛暑日少なく気温 影響

10月14日号

「専門性持つ多機関連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月7日号

万騎が原中 永瀬さん選抜

都道府県対抗中学バレー

万騎が原中 永瀬さん選抜 スポーツ

県代表で全国の舞台へ

10月7日号

七五三のご祈祷受付

七五三のご祈祷は歴史ある白根神社で

045-951-1417

相鉄不動産販売

新サービス「住んだまま買い取り」引越し不要で自宅を現金化

https://www.sotetsu-re.co.jp/sell/sundamamakaitoriplus/

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook