旭区版 掲載号:2020年12月10日号 エリアトップへ

発熱外来専用施設を設置 横浜鶴ヶ峰病院

社会

掲載号:2020年12月10日号

  • LINE
  • hatena
発熱外来で診察にあたる川又副院長
発熱外来で診察にあたる川又副院長

 寒さと乾燥が進む中、「第3波」の拡大傾向にあるといわれている新型コロナウイルス感染症。横浜市の発表によると市内の陽性患者は累計5916人(11月30日現在)。旭区では累計281人(11月26日現在)となっている。区内の感染防止の最前線となる医療機関のひとつ横浜鶴ヶ峰病院=川島町=で話を聞いた。

 「発熱外来に訪れる方は、その時点では陽性かどうかはわかりませんので気が抜けません」と話す川又朋章副院長。同病院では2月から、病棟外の専用施設で発熱外来を行ってきた。施設内では患者との間にアクリルカーテンが引かれ、感染防御衣ややN95マスクなど感染予防をした上、医師1人、看護師2人で対応。新型コロナが拡大する中、10月からは一般患者と完全に動線を分けるため、第2駐車場に施設を移し診療を行っている。同病院では12月3日現在、約300検体のうち11件の陽性が判明している。「第3波といわれる中、『3密を避ける』『マスク着用』『ソーシャルディスタンス』などを行い、ウイルスを”正しく恐れて”生活をしてください」と話す。

旭区版のローカルニュース最新6

乳幼児と歌など満喫

乳幼児と歌など満喫 文化

8月1日 旭公会堂で

7月22日号

関東防具空手道大会で入賞

関東防具空手道大会で入賞 スポーツ

幼児・小学生が活躍

7月22日号

本宿中学校で衝突実験

本宿中学校で衝突実験 社会

交安協ら 区内初の試み

7月22日号

幼児・児童向けおはなし会

幼児・児童向けおはなし会 文化

7月28日 旭図書館

7月22日号

夏休みに楽しく体験学習

夏休みに楽しく体験学習 文化

小学生対象 市沢地区セン

7月22日号

「働く女性」活躍を推進

検証・林市政の12年〈下〉

「働く女性」活躍を推進 政治

管理職割合目標は未達

7月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter