神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
旭区版 公開:2024年2月1日 エリアトップへ

本宿小6年2組 仮想通貨で古本売買 ブックオフと連携

教育

公開:2024年2月1日

  • X
  • LINE
  • hatena
本を買う1年生(右)と接客する2組の児童
本を買う1年生(右)と接客する2組の児童

 本宿小学校=本宿町16=で1月22日から26日、児童たちが学習活動で学んだことを発表する「梧桐(あおぎり)week」が行われた。6年2組は、ブックオフグループホールディングス(HD)株式会社と連携し、児童同士で不要な本を仮想の通貨を利用して売買した。

 梧桐weekとは、本宿小と同校PTAが連携し、児童たちが学習したことや合唱などの音楽を発表する毎年恒例のイベント。元々は「梧桐祭」という1日限定の伝統行事として続いていたが、コロナ禍を機に分散を目的として1週間のイベントに形態を変えた。

 6年2組は、総合の時間で「家の中にある使わないモノって?」をテーマに学習。学校のアンケートを通じ読まなくなった本が多くあることを知り、リユースについての理解を深めた。児童らは「自分たちで読まれなくなった本を集め、持続可能社会の実現に貢献したい」という思いで学習を進めていった。

 活動を行うために協力を依頼したのが、古本や古着などを扱うブックオフグループHD。児童らは同社と連携してワークショップを開催。本のランク付けや店舗のレイアウト、ジャンル分けなどの指導を受けた。

 発表当日は「BOOKOFF本宿小6─2店」と題した店をオープン。1、4、6年生の児童や保護者が買取用に持ち込んだ本を、ブックオフから学んだランク付けで査定し、買い取り。ランクに応じて仮想の通貨を手渡した。本を売りに来た児童らは、仮装通貨を用い、他の人が持ち込んだ本を購入した。

 同組の関口健心さんは「分かりやすい表示をするなど工夫した。物を大切にし、要らない物をそのまま捨てないことの大切さを学んだ」と振り返った。妹のために本を買いに来た6年1組の木村恵都さんは「要らない物を無駄にしないようにしたい」と話した。

 同組担任の中澤智瑛教諭は「古本の売買で有名なブックオフとつながる初の試みだったが、無事に開店にこぎつけた。この活動を通し、自分たちの要らない物が誰かの必要な物になることを学んでほしい」と語った。

店は児童たちで盛況を見せ、大量の本が持ち込まれた
店は児童たちで盛況を見せ、大量の本が持ち込まれた

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

ガザ停戦「できる事何でも」

ガザ停戦「できる事何でも」

JVC広報・並木麻衣さん

2月22日

「ゆるスポ」で地域に恩返し

不動丸小5年1組

「ゆるスポ」で地域に恩返し

保育園児や高齢者と交流

2月22日

「地域盛り上げたい」

今宿小6年3組

「地域盛り上げたい」

洋菓子店と新作開発

2月15日

5年ぶり個展「嬉しい」

5年ぶり個展「嬉しい」

わかば学園卒・浅井裕妃さん

2月15日

障害への理解深めて

精神保健福祉セミナー

障害への理解深めて

回数重ね、今年で25年

2月8日

出産費最大9万円を助成

横浜市予算案

出産費最大9万円を助成

子育て支援強化へ

2月8日

あっとほーむデスク

  • 7月20日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

  • 6月15日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook