神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
旭区版 公開:2024年2月8日 エリアトップへ

今宿南小学校 震災の記憶を伝承 いのちてんでんこ旗印に

教育

公開:2024年2月8日

  • X
  • LINE
  • hatena
みんなのしるし合同会社の踊り子と児童たちが一緒に演舞した
みんなのしるし合同会社の踊り子と児童たちが一緒に演舞した

 今宿南小学校(佐々木一高校長)で1月25日、津波の恐ろしさや自然の力を音楽や踊りを交えて伝えるミュージカル「いのちてんでんこ」が3年から6年生に向けて上演された。

 「いのちてんでんこ」とは、三陸地方で使われる「地震が来たら津波が来る、てんでばらばらに他人にかまわず逃げろ」という意味の言葉。

 同公演を行うみんなのしるし合同会社の前川十(じゅう)之朗(じろう)代表は、東日本大震災の被害を受けた三陸地方で津波の証言を取材。現地の小集落に伝わる郷土芸能も取り入れ、自然災害の記憶を発信する舞台を生み出した。2013年から公演を続け、今年1月は関東の小学校で巡回公演を行っている。

 公演では、観劇するだけでなく、踊りの講習を受けた3年生の児童5人も、一緒に郷土芸能を披露した。

 児童代表として、6年生の山田啓斗(ひろと)さんは「東日本大震災の時はまだ母のお腹の中で、あまり関係の深くない出来事だったが、津波の恐怖をミュージカルで分かりやすく知ることができた。今回伝えてもらったことを家族にも語りたい」と感想を述べた。

 前川さんは「小さい集落には郷土芸能が残っており、コミュニティをつなぐ装置になっている。津波の恐ろしさや自然とともに生きる精神も交えながら、伝承していきたい」と語った。また1月に発生した能登半島地震についても触れ、「日本のどこでも自然災害と向き合わざるを得ない。舞台の力を用いて、いかに身を守るかということも伝えられれば」と話した。

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6

オレンジ・ランプを上映

南希望が丘ケアプラ

オレンジ・ランプを上映

若年性認知症を考える

2月22日

趣味や生きがい 本で残す

趣味や生きがい 本で残す

タウンニュースの自費出版

2月22日

在宅医療を知る講座

在宅医療を知る講座

二俣川ケアプラ 3月9日

2月22日

ドラマで「人生会議」啓発

ドラマで「人生会議」啓発

竹中直人さんら出演

2月22日

最新カタログ無料送付

自治会町内会、団体向け

最新カタログ無料送付

防災グッズ サンプルも進呈

2月22日

人生、まだまだこれから

人生、まだまだこれから

100年時代を生きるヒントを世界最高齢の男性サーファー 佐野さんに聞く

2月22日

あっとほーむデスク

  • 7月20日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

  • 6月15日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook